FC2ブログ
OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006J1リーグ第14節 サンフレッチェ広島×ジェフユナイテッド市原・千葉 ~打たれ合い
2006J1リーグ第14節
サンフレッチェ広島 2-4 ジェフユナイテッド市原・千葉
7/22 @広島ビッグアーチ 18:00 KO
Jsprots1にてライブ観戦


~打たれ合い


前半立ち上がりはジェフのプレッシャーが厳しい。中盤から激しく寄せてサンフレッチェにプレーをさせない。「今日は良さそうかな?」と思ったのも束の間、15分過ぎくらいから、相手ボールを奪い攻撃に転じるシーンでパスミスが出始め、いつの間にかペースを失ってしまう。
サンフレッチェは、「人とボールが動く攻撃的なサッカーを目指す」という触れ込みを耳にしていたが、残念ながら人とボールはあまり動かず、ジェフのミスからボールを奪って、カウンターでの展開に活路を見出すような感じ。ジェフボールの際には、サンフレッチェはある程度引いてタイトに守り、ジェフはボールの出しどころがない。サイドに預けては、中のフォローにパスを出し、ボコボコと何回かパス交換する間に、キケンなゾーンにボールを通すのではなく、DFにボールを戻してしまうということを繰り返す今まで何度も見てきた展開。
ボールポゼションはなんとなくできるのだが、相手を崩すことはできない。

今日のジェフは、佐藤寿人に水本、ウェズレイに斎藤、佐藤勇人のワンボランチが基本形。ただ、羽生かKrupiのどちらかが、ボランチのフォローをするというような形に見えた。必然的に羽生がフォローするケースが多くなる。また、左に山岸、右に坂本という形でスタートしたが、マイボールの際のサイドのポジションがいつもより低目に見えたのは気のせいだろうか?これは、前目に人を多く割いているので、あえてスペースを空けておいたということなのだろうか? 

試合が動いたのは、前半33分。服部のミドルがジェフゴールに見事に突き刺さる。広島左WBの服部が中に絞り、サイドの開いたスペースにDFかボランチか(誰だかわからん)が上がって来て、一旦預けたボールを服部が再び受けてそのままシュートという形。エリア前のシュートコースには、羽生がポジションを取っていたのだが、寄せないうちにシュートを打たれてしまった。前節の遠藤のミドルからの失点も似たような形。このミドルへのケアに関しては決め事がないような印象。服部のシュートも見事だった。

しかしその4分後、現在巨大化中のスーパーマリオ・ハースがペナルティエリア外あたりでボールを受け、シュートを放つとゴール上隅にボールは綺麗に軌道を描いて収まる。ここでは、ジェフ攻撃陣がペナルティライン付近に4枚入り込んでおり、それに対応してサンフレッチェ守備陣がラインを作っていた。ハースはちょっと引いた位置で佐藤勇人からボールを受けると何故かどフリー。ドリブルから綺麗にゴールを決めた。

今日は羽生が多少低めの位置にいるケースも多かったからか、Krupiがボールを預かるケースが多い。しかし、彼に一時の切れ具合はなく、ボールを受けてからの判断が遅い。よって怖さのある攻撃の起点となることもできず、裏を狙っても、クロスを入れてもパス精度が低い。Krupiはこの過密日程で毎回スタメンは厳しいのかもしれない。

そんなこんなで前半は1-1のまま終了。

後半開始時点、両チームともメンバー交代はなし。ただ、ジェフは積極的にボール奪取を狙ったプレスをかけるようになった。そして羽生がよりボランチ位置のケアをするようになり、佐藤勇人の攻め上がりを生かすように修正したように見えた。それがいきなり奏効する。ウェズレイへのクサビを斎藤がインターセプトし、それをKrupiがハースに当てる。ハースは一旦溜めて、左サイドから走り込んできた山岸にスルーパス。山岸がダイレクトでシュートを放つと、ボールはGKのニアを抜いてゴール内へ。巻のゴール前での動きを含めたとしても、前線3枚だけのカウンターアタックで得点を挙げてしまった。

そして、その直後。ジェフは立て続けに3度のCKを得る。2回まではサンフレッチェは再CKに逃れたが、3度目は水本が相手DFの前に体を入れて、相手ともつれながらもボールが何とか足に当たったという感じの、嬉しいJ初ゴール。決して美しくはないが気持ちのこもったゴールだった。

スコアは1-3となり、試合がちょっと落ち着くのかと思えば、巻の不甲斐ないプレーからジェフは失点してしまう。サンフレッチェの攻撃の場面でジェフがボールを奪い、ラインを押し上げようというシーンで、前線からクサビを受けようと引いてきた巻が、簡単なポストプレーで凡ミス。何故かスルーしたボールはジェフの選手に合わずに、サンフレッチェにボールを返してしまう。ジェフの場合、ボールを奪取した際には多くの選手が瞬時に攻撃に切り替えをしているので、ここでボールを相手に渡してしまうとツライ。ショートカウンターからゴール前にボールを運ばれ、相手ボランチの飛び込みにDFが2枚被ったため、右サイドでフリーになっていたウェズレイにボールが渡りあっけなく失点。後半10分で2-3。今日の巻はこのプレーも含めて、足元のポストプレーはほぼ全滅。一時の好調が嘘のように体も重く動きにキレがない。疲労なのか捻挫のせいなのか分からないが、今のプレーでは代表どころかクラブでのレギュラーすら怪しい。

ここからはジェフがペースを握っているように見えながらも、広島のカウンターから決定的なシーンを2回迎える。2度ともフィニッシュは佐藤寿人。1本は枠外、もう1本は立石のナイスセーブで事なきを得たが、守備面での不安はやはり拭いきれない。中盤の守備が疎かになるとたちまち危ういシーンを迎えてしまう。

26分、Krupiに代わり水野IN。水野が右サイドに入り、坂本が中央に。中盤は、佐藤勇人、坂本、羽生の3人が流動的に動くような形に見えた。坂本は比較的守備的に構え、佐藤勇人がより積極的に攻撃参加できるようになる。

追加点は後半29分。右サイドでボールを持った水野がドリブルで相手を交わし、深い位置まで抉ってからのクロス。巻が頭で落としたところに走りこんで来た山岸が豪快なボレーシュートを決める。前半イマイチに見えた山岸だが、これで後半2得点。2点ともビューティフルゴールだった。これを決められるなら、前節のハースのバーたたきのこぼれ球も決めてくれ~って感じです。

この後もジェフは中盤からプレッシャーをかけ続けて、サンフレッチェはプレーできない。時折、キックミスなどからボールを渡してしまうケースも見られたが、ほぼ危ないシーンもなく時間が過ぎていく。

36分ハース→要田。ガンバ戦、サンフレッチェ戦と明らかに調子はハース>巻なのだが、交代はハースの方だった。ハースの故障の不安がまだ拭いきれていないということなのだろうか?まあ、確かに水野が右サイドにいる状況では、ゴール前に巻を置いておきたいというのもわかる。

その後もジェフは厳しく相手をマークし、ロスタイムに羽生→中島を経て試合終了。

2-4のスコアを見ると、“打ち合い”という印象だが、むしろ打ち合いというよりは打たれ合い。前節のガンバ戦こそが打ち合いの様相だったと思う。今節は両チームともミスが多く、そこから危ないシーンを迎え、“打たれて”しまうことが多かった。確かにこの季節にこの過密日程は厳しい。“打たれ合い”となったことには、その影響も大きいだろう。結果としては、ジェフの方が打たれる機会が少なかったこと、後半何回かは自分たちで“打つ”形を作れた事がこのスコアでの終戦に繋がったというところか。

ハース・羽生はそんな中でも好調を維持。山岸は前節、今節前半と元気がなかったように見えたが、後半得点してからは良い所に顔を出してくるようになった。特に、ペナルティエリア内が密集している時、ちょっと引き気味のポジションからミドルを狙う形は、今後も大いに期待が持てる。
巻、Krupiは調子が良くない。両者とも明らかに疲れが見える。そして、この暑さの中で連戦はまだ続く。特に巻は、世間の注目を一気に浴びてしまったせいか、ちょっと気張り過ぎているようにも見えたりする。“鉄人”なんてメディアが作った幻想に過ぎない。もし巻が壊れても、メディアは決して責任を取らない。


第14節のスタメン選手年俸 (参照

ジェフユナイテッド市原・千葉
307,500,000

サンフレッチェ広島
276,300,000


第14節時点の首位:(チーム名-勝点差-残り試合)
ガンバ大阪-9-20


今季リーグのアマルオシムの服装(第13節より)
Gジ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ジェフユナイテッド市原・千葉ジェフユナイテッド市原・千葉(ジェフユナイテッドいちはら・ちば、JEF UNITED ICHIHARA CHIBA)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。略称「ジェフユナイテッド千葉」、または「ジェフ千葉」。2005年2月1日よ
2007/08/07(火) 19:21:43 | サッカーFC事典
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。