FC2ブログ
OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006J1リーグ第13節 ジェフユナイテッド市原・千葉×ガンバ大阪 ~男たちの挽歌
2006J1リーグ第13節
ジェフユナイテッド市原・千葉 1-2 ガンバ大阪
7/19 @フクダ電子アリーナ 19:00 KO
スタジアム&帰宅後BS1録画にてとばし観戦


~男たちの挽歌

やっぱり平日の試合はつらいですね。全然マッチレポとか手が回りませんでした。よって今更ながらではありますが、私がここに生きた証wとしてレポは書き留めておきます。とはいえ、今回は試合詳細は拭って経過を駆け足で。


1人の男がフクダ電子アリーナに降り立った。男の名は西野朗。彼が率いるガンバ大阪は昨シーズン、ジェフと3回戦い3敗。カップ優勝をかけた戦いに敗れ、また、リーグ終盤の大切な時期にもジェフに敗戦し首位から引き摺り下ろされるという屈辱をも味わっている。男は復讐に燃え、入念な細工を施し、持てる力の全てをぶつけて来るはずだ。


ガンバはマグのアウベスが欠場。代わりに中山悟志が入る3-5-2の形。ジェフは、フェルナンジーニョを阿部、中山を斎藤、二川を佐藤が見る形。サイドに山岸、坂本。トップに巻とハースで、2列目に羽生、Krupi。

リーグ再開後の、ジェフ初のビックチャンスは、巻の巻らしいプレーにより、失敗の巻となった。開始早々、右サイドで羽生Krupiのパス交換から、羽生がガンバの最終ラインとGKの間に絶妙なクロス。ニアのハースには合わず、ファーに詰めていたフリーの巻にボールが通る。微妙な高さのクロスだったが、巻は足でのシュートを選択。吹かしてしまい場内からはため息。

序盤はお互いが持ち味を出し合いながらも、ガンバが若干優勢か?ガンバの両サイドの切れが良い。家長×山岸のマッチアップでは再三、家長にドリブル突破を許してしまう。クロス精度がイマイチだったので事なきを得たが、ヒヤリとすること幾度か。一方の逆サイドは加地×坂本。回数こそ多くないが、加地のクロスの質の高さは脅威だった。低くて早く精度の高いボールをゴール前に入れてくる。危険な香りの漂うクロス。

ジェフは、ガンバの高いDFラインの裏を再三に渡り狙うが、ボールと人がいまいち合わない。

そんな中の前半20分くらい、宮本のパスをカットした坂本が裏に飛び出したハースに必殺のスルーパス。裏に走ったハースの足元にぴったりと合いゴールネットを揺らした。1-0。

ここからジェフが一気にペースを掴み猛攻を仕掛ける。今日はハースが切れている。また、羽生の動きが良い。ずっと好調をキープしていた山岸は今日はイマイチ。巻の動きも重い。今日、巻はヘディングで1度も競り勝てなかったのでは?

前半30分くらい。負傷によりシジクレイがOUTで播戸IN。ガンバはフォーメーションを4-4-2に変えてくる。この交代によって流れが一気に変わる。特に交代直後はガンバ攻撃陣に対し、ジェフ守備陣が同数で守るようなシーンが続く。多少落ち着いてきたかなと思った矢先、遠藤のミドルシュートを立石が中途半端なセーブでゴール前にボールをはじき出す。ボールはガンバ中山の目の前に飛び、ヘディングでGKの頭越しに決められてしまう。このシーン、立石のセーブが半端過ぎること、また、シュートを弾いた瞬間、斎藤がボールウォッチャーになってしまったことが重なった失点。また直前までガンバの猛攻に晒されていたため、ジェフプレーヤーがゴール前低い位置まで引き過ぎてしまい、遠藤がボールを持った時点では完全にフリーだった。

前半は1-1のまま終了。

後半立ち上がりからは、ジェフがきっちり修正してくる。坂本が播戸を見る形で、左サイドには羽生が入る。ここからは両チーム攻め合いになるも、ジェフペースに。ジェフは選手が動きボールが回り、多彩な攻撃を見せる。ハースが運動量豊富で、良くクサビをキープし攻撃の起点となる。

ハースの惜しいシュートが2本。羽生のクロスから巻のスライディングシュートなど、点が入ってもおかしくないシーンが幾度か訪れるが、残念ながらゴールを割ることはできなかった。

復讐に燃える鬼、西野朗は後半27分中山に代えて前田を投入。播戸を1トップ気味に据え、再びジェフを混乱させようと試みる。

そして復讐魔、西野はフェルナンジーニョに変え後半33分寺田を投入。前線はどんな形になったのか、いまいち良くわからなかったが、NHK-BS解説の原博美曰く、またシステム変更を伴う選手交代だったらしい。リベンジに燃える男は執拗にジェフを混乱させようと、あらゆる手を尽くして来る。

ジェフは疲れの見えるKrupiに代えて、工藤をピッチに。

そして、ジェフが2枚目のカード(ハース→水野)を切らんとしている時、橋本からのスルーパスを播戸が受けて、そのまま足を振りぬくとグラウンダーのボールはサイドネットに刺さりゴール。播戸のマーカーを務めていた坂本が一瞬、播戸に裏を取られてしまった時の出来事だった。

ただ、悪かったのはこの後。ジェフは冷静に試合を立て直して、同点・逆転を狙うべきだったが、早く点をとりたいという焦りが空回りし始めてしまう。プレーの正確さが失われ、ボールが回らなくなり、さらに運動量まで落ちてしまった。すべてがチグハグになり、スローインすら相手にボールを奪われまくる始末。ガンバからすれば、本来嫌なはずの終盤の時間を、何とも楽にやり過ごすことができたという感じだろう。

最後は坂本を削り、要田を入れて攻勢をかけようとするが、これも空回りのうちにタイムアップ。アマルオシム監督の初陣は、西野監督の執念にまんまとしてやられた結果となってしまった。

しかし、西野監督の執拗な揺さぶりは、まさに復讐の餓鬼といったところ。ジェフのマンマークの弱点を狙った(ジェフからすれば)厭らしい采配ぶりだった。確かに、ジェフはシステム変更を伴う選手交代をされると弱い。これはジェフがというよりは、マンマークの宿命だろう。トップの枚数を変えられるだけでも、「どこまでマークに付いていけばいいのか?」といった混乱の種を生じてしまう。ジェフは相手の選手交代直後、マークを掴みきれないうちに失点してしまうケースが多い。これはイビチャオシム時代からの宿命。その辺をしつこく突いてきた復讐の権化=西野に、今回は軍配が上がったということにしておこう。
私にはベンチから出てくる西野が、咥えタバコにサングラス、黒いコートを羽織りマシンガンを手にした復讐王に見えましたよ。

しかし、それだけのシステム変更をこなせる、ガンバというチームの成熟度を改めて感じてしまいました。おまけに、播戸。一瞬の隙を突き見事に決めるし。。。やっぱりガンバは選手クオリティ高いよなぁ。

しかし、我らがジェフもこのままやられっ放しという訳にはいかない。アマルだって黙ってないだろう。復讐には復讐。次回リーグ戦で当たる際には、西野のシステム変更を逆手にとって、その弱点を突いてやろうじゃないか。
この試合の後半途中まで、ハースが相手サイドバック裏のスペースを自在に操ったように。

何だかんだで今回も長くなってしまった。。。



第13節のスタメン選手年俸

ジェフユナイテッド市原・千葉
348,000,000

ガンバ大阪
439,000,000


第13節時点の首位:(チーム名-勝点差-残り試合)
川崎フロンターレ-10-21


今季リーグのアマルオシムの服装(第13節より)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
選手が入れ替わってバタバタしてるうちにやられましたね。
多分練習ではイイから使いたくなっちゃう工藤。しかし結果が伴いません。

2006/07/21(金) 22:37:16 | URL | おおつるジタン #-[ 編集]
西野監督の選手交代はことごとく我々にイヤな汗をかかせましたね。
それに結果も順じました。
最後の猛攻がハマらなかったのが残念でした。
でも意気は感じたので、悲観する必要はありませんよね。
2006/07/22(土) 12:31:09 | URL | 39ch #ZnCl9.rg[ 編集]
おおつるさん、39chさん

いつもありがとうございます。
ジェフも良い形は作れていたし、ゲームの主導権はジェフが握っていた時間の方が長かったと私は思っています。
ジェフが悪かったのは、播戸投入直後と、2失点目を喫した後。

しかし、西野はホント勝負師の香りが漂うようになって来ました。
2006/07/23(日) 10:28:04 | URL | あらら #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。