OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当の闘いはここから始まる【大宮戦プレビュー】
さあ、ここから本当の闘いが始まる。
準備はできているか?

勝負の5戦の最初は大宮戦。
ジェフとは勝ち点差2で降格圏に沈んでいる。勝ち点の差が2ということは、つまり直接対決で順位が入れ替わる。

激しいプレシャーのかかる闘い。
選手、監督、スタッフ、サポーターも含めプレッシャーとの闘いを制したチームが最後に笑うことになる。
俺たちはこのプレッシャーに打ち勝てるのか?

プレッシャーと闘うのははこちらサイドだけではない。当然大宮サイドも激しいプレッシャーに晒されて試合に向かう。むしろ、順位が下の分だけ、相手のプレッシャーの方が大きいのかも知れない。

どれだけ平常心でプレーできるか。平常心のベンチワークをふるえるか。どれだけ舞い上がらずに応援ができるのか。
プレッシャーに捕らわれれば、足も動かないしミスも出る、それがより焦りを生むという悪循環。どれだけ平常心でゲームに入れるか、それが一つのキーになる。

監督対監督。選手対選手。サポーター対サポーター。どれ一つをとっても俺たちは負けていないと思う。焦らずに冷静にゲームに入れば、必ず結果は付いてくるはずだ。


ミラー監督のこと、アウェイではいきなり激しい勝負は仕掛けないだろう。それが彼流であり、彼のスタイル、つまりそれが平常心だ。
ただ、守りきって引き分け狙いは無いだろう。

後半勝負。駒をベンチにおいてどこで勝負を仕掛けるのか?
多分、選手交代という形でその時はやって来る。

サポーターはその勝負の瞬間に、すべてをぶつけなくてはならい。その時に1年分の声援をすべて結集して、一気に爆発させるべし。あくまで冷静にクールに、そして来たるべき時は、俺のすべてをぶちまけてやる。

冷戦に闘うためのキーマンは。。。ベテラン選手。経験があり、すべてを知っている選手。
この激しい生き残り合戦を勝ち抜くには、ベテランの経験が絶対に必要だ。

斉藤、戸田・・・ ミラー監督は使ってくるかもしれない。

いや、私は個人的には、この男の日に、この男の試合になって欲しい、いやこの男の試合であるべきだと思っている。

昨年、色々あり一度はジェフを捨てた人間。
そして今年、ジェフを想い帰ってきてくれた、熱い熱い隊長。

坂本將貴

あなたはこの試合に勝つために、あなたの経験のすべてを尽くしてこの試合に勝つために、俺たちをJ1に残すために、ジェフに帰ってきてくれたんだと信じている。


Win By All  あとは何にも言うな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。