FC2ブログ
OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3の倍数連勝するとアホになります・・・
なんとかかんとか公式戦3連勝。

ナビスコ札幌戦Aはまたったく観戦できていないのでなんともコメントする資格はないのだが、この3試合を通して3人の選手に注目してエントリ上げてみたいと思います。


3連勝を支えた、2008春のジェフ3銃士

1.斉藤大輔
もはや、斉藤ダイスケと書きたいくらいに新世界を築きつつある。クジェも斉藤を右SBで使ったりと使いどころを模索してはいたが、おっとどっこいハマリはもう1列前だった。
考えてみれば京都ではシジクレイが同じポジション変遷。Jの場合、裏に早いFWが多いので、CB→DMFというのは実は正しい年の重ね方なのかもしれない。CBとしては裏に不安があるが、経験・強さを生かすためにボランチに上げるは選択肢の一つとなって行くのか?


2.新居辰基
もともとポテンシャルの高さは誰もが知るところの選手だったのでいつ爆発するのか?という状況ではあった。クジェ時代からスタメンで使われ始めていたが、この2試合で決定的な仕事をこなしレギュラーの切符を鷲掴みにした。
特に、大分戦での使われ方にはクラブの彼に対する期待の大きさが溢れている。サイドでもピッチに残しておきたい選手・・・ 彼のさらなる飛躍はこれからだ。

3.池田昇平
この3試合、間違いなく勝利の影の立役者として活躍し、本人自身も手ごたえを感じつつ、また密かに監督・コーチが熱い視線を注いでいる思われるのは彼だ。
本人としては、これが最後のチャンスという強い思いがあったようだ。プレーの一つ一つからそれが溢れ出ている。
このまま池田が乗リ続けられれば、ボスナー・昇平のCBコンビはどんなJクラブにとっても厚い壁になる筈だ。
メディアはなかなか報じてくれないが、3連勝において実はこの人の活躍は非常に大きい。
4バックのCB2枚って、そこが全ての生命線ですよね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうなんですね
面白いですね。検索からきました。コメントさせて頂きました。
2008/11/06(木) 16:01:12 | URL | sayaki #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。