FC2ブログ
OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10節柏戦
10節柏戦は引き分けに終わりました。
雨に濡れたピッチの中で、両チームとも足元はしんどそうでした。
このピッチ状況、フランサがいなくてラッキーだったと思います。
こういう日ほど、上手い選手は異次元のテクで並みの選手との力の差を見せつけるものです。

さて試合。

前半はジェフ。レイソルは高い位置から愚直にプレッシャーをかけてくる。ジェフはそれでも繋いでいく意識が高く、ボールを回して攻撃を組み立てる。レイソルのプレッシャーにヒヤリとする場面もあるが、それでも辛抱強くボールを回すジェフ。湿ったピッチ上ではボールが滑るように早く動くので、ちょっとミスをすると受け手に優しくないパスになってしまう。それでもとにかくボールを回して崩そうというアプローチを崩さない。
決して流麗とは言いがたい場面もあったが、頑張ってボールを前に繋いで攻撃を作っていく。
レイソルの早いプレスにも、ジェフのボール回しが十分通用している印象。

いい感じでボールを運ぶのだが、しかしペナルティエリア付近までくると途端に消極的になる。ピッチコンディションを考えればミドル/ロングレンジからのワンバウンドシュートなど面白いと思うがボールを大事に大事に繋いで、最後は相手にプレゼントするような時間が続く。
さすがにここぞ!というシーンではシュートを打つが、全く枠に飛ばない。
前半については、シュート数3で全て枠外。
ちなみに、前半ほとんど何もできなかったレイソルがシュート5本でうち枠内1本。



後半が始まると、パタッとジェフのパスが通らなくなる。後半の立ち上がりの時間は、びっくりするくらい全くパスが通らなかった。ピッチコンディション、悪天の中の消耗度など色々要因はあるだろうが、これでもかと言うくらいミスを連発する。そして、ミスしてレイソルにボールが渡ると、相手もミスしてまたボールが還ってきては、またジェフがミスるというような、ダービーに相応しい相手をレスペクトした譲り合いが続く。この譲り合いに業を煮やした谷沢がドリブルでゴリゴリ勇人を吹っ飛ばしてシュート一閃、これが決まってしまう。後半5分のこと。
今までチャンスらしいチャンスがなかったレイソルが先制点を上げる。


ホームゲームで1点ビハインドを負ったジェフは攻撃するしかない。遅攻ではボールを回してサイドを使い、速攻ではトップにクサビを入れてそれに絡んでいくという形で攻撃を組み立てる。クロスがゴール前を抜けてくる場面など数回あったがどうも中と合わない。遠目からのシュートは全て宇宙の果てで星になって行く。「お父さん、あの星ナニ?」「あれは下村星だよ」。やっとのことで水野のグラウンダーのクロスを山岸が合わせて同点に追いつくが、てっきり「今日は点の入らない日」かと思い始めてましたよ。

この天候・ピッチコンディションの中なので、選手達は相当しんどかっただろう。お互いプレーがかなり雑になってきて、なんかヒョンなことからどちらかに点が入ってもおかしくないような試合になる。レイソルはカウンターに活路。ジェフはボールを回して組み立てようという意識は変わらないが、寄せられて苦し紛れのボールがたまたまいい感じにこぼれた場合にチャンスを見つけるw ボール回しの志ではジェフだが、レイソルのカウンターの方が今日のゲームでの実効性は高い。

うーん苦しい。ベンチワークでなんとかならんもんか。フクアリの上空でそんな雲がモクモクと渦巻きはじめてから随分経って、羽生に代えて青木IN。

青木は良くボールをキープし、それだけでなく強引に前へ前へと仕掛ける。カウンターっぽい場面で青木が前を向いてボールを持てれば面白そう。青木はクサビの受け手としても十分使える。
両軍相当疲れている上、ジェフは相手のカウンターを食らうとみんなバタバタと自陣に駆け戻らなくてはならないのでつらい。疲れてくるとプレーも雑になりボールも繋がりにくくなる。しかしレイソルも十分過ぎるほど疲れている。

選手交代で何とか試合を優位に運びたい。が、結局交代のカードは試合終了まで切られなかった。

試合は1-1のドローというダービーっぽい結果に落ち着く。


スタジアムで試合を見ている間は、『アマルはなんで交代のカードを切らないんだよ!』ってずっと思ってました。帰りの電車(蘇我→横浜だから長いw)で私なりに色々考えると、じゃ誰に代えて誰を入れるべきだったのか?
後半途中から山岸が守備をできなくなっていたので、山岸OUT→楽山IN。もしくは、山岸OUT→新居INで青木を左サイドに。うーーん、確かに曖昧で効くのか効かないのか判らない交代になっちゃうんですね。レイソル側も交代枠2つしか使ってないところを見ても、バランス的に難しい試合だったということなんでしょうけど。

GW中3引き分けでで勝ち点3。1勝2敗でも勝ち点は同じ。でも1つも負けなかったという方がチームとしては良かったのでしょう。まだリーグは続きますし、「簡単に負けなくなったなぁ」という収穫を得たこの3連戦だったと思います。

是非今後は「簡単に勝てるようになったなぁ」でお願いしますw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自動車車体(新車・中古車)
自動車車体(新車・中古車)を探すなら http://www.takeonemusik.com/101114/101115/
2008/09/15(月) 12:44:25 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
・冴え渡る明神、復活した松田直樹・U17日本代表3決韓国とは7-6のPK戦!・90分間の完璧なプランニングと一瞬の隙を生んだチームの判断力・サッカー日本代表、豪州戦PKで勝利・やあイオーク族なのだ きょうは海の日なのだ 今日もフットボールの話を ...・アジアカップ・対
2007/07/23(月) 03:18:14 | ボールをたくさん集めました
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。