FC2ブログ
OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8節川崎戦 まあ、善しとする
J1リーグ 8節川崎戦。 結果は、まあ善しとしましょう。
アウェイで、上位チームにドローという結果は悪くない。

ただ連戦の真っ只中、怪我人が心配だ。


前半はどちらかと言えばジェフの試合。ジェフがボールにアグレッシブに寄せてゴールに迫る。しかし攻めている割には決定機は多くない。佐藤勇人がGKと1対1になった場面は決め所だった。
フロンターレは中村欠場の所為か?攻撃に怖さがない。
中盤の人数で上回るジェフが運動量も豊富に組み立てていくので、ボールはかなり良い感じで回る。回すは回すが、最後はサイドに振ってという組み立てばかり。相手を背負ってクサビを受けてとか、中に入っていくプレーをもっとできれば、決まれば1発で決定的な形になるし、サイド攻撃もより効果的になるのだろうと思う。ボックスの周辺でワンツーなどトライはしているのだが、このエリアではかなり精度高いプレーをしないと止められてしまう。

前半は相手にペースを渡すことなく0-0で終了。
川崎は、ジェフの凡ミスから何回かチャンスを得た程度。


後半も、開始10分まではジェフ。しかし、その辺の時間帯にジェフDFに連続ミスが出て、ペースが川崎に移ったように感じた。
報道を読むと、川崎のボランチがボールを散らすようにしたため、試合の流れが変化したと書いてあるが、私はあまりそういう印象を受けていなかった。っていうかフクアリに慣れてると、トラックありのスタジアムはかなりつらい。私の視力では誰が誰だかわからないし、その辺の変化はイマイチ良くわからなかった。ペースを失ったきっかけは、川崎の前目からのプレッシャーにジェフDFが引っかかるようになり、プレーが雑になってしまったところじゃないかと思ってました。

そして、均衡は不本意な形で壊れる。

水本がジュニーニョのラフプレーで痛んだところで、ジェフが中途半端な形でボールをピッチ外に出す。水本は立ち上がり、プレーは再開されるが川崎はボールを還さずに攻撃を始める。ジェフファン・サポーターからはブーイング。しかし、選手達は相手はボールを還してくるチームではないことは百も承知。
スローインのボールを森(スタジアムではてっきりマギヌンかと思ってましたけど、J's Goal読むと森らしいです)がドリブルで下村の対応の間隙を縫ってクロス。完全に捨てクロスだった模様だが、それがチョンにピタリと合う。
チョンのマークは斎藤。クロスは下村の対応で遅れさせてからのものなので、ここで中を離してしまうようじゃ正直厳しい。

その後は完全に川崎の時間。向こう側のゴールなのでよく見えないが、数回決定機があったと思う。しかし、ラッキーにもその後の失点はなかった。

ジェフはまず失点後、下村→中島と動く。よりボールを散らせる選手を入れたということだろうか。

そして、負傷の巻→青木、工藤→朴と一気に2枚を代える。この交代の是非はあるかもしれないが、ピッチ上でやることはシンプルになった。
青木は前線でボールを追い、仕掛けられる時にはどんどん仕掛ける。朴は3バックのサイドのスペースに走り込んでボールを受ける。実際、朴が走って裏で受けることによって好機が生まれていた。

ジェフの得点は、朴が得たCKから波状攻撃で奪ったFKから。ゴール右サイドからのFKで水野が柔らかいボールを入れる。ゴール前で両軍が競り合うが、誰もボールに触れることなく、フワリとしたボールがそのままネットを揺らした。
ゲームの主導権が相手に渡りつつあったところでの得点。ゴールの形はどうであれ、この得点には大きな意味がある。選手達の執念がボールの軌道をこじ開けたとも思えた。

得点後、ジェフは選手間での意思の行き違いが感じられる。フレッシュな青木・朴は明らかに攻めたいし、引き分けで善しという思いを抱く選手もいたように見えた。この辺はピッチ上での意思疎通はまだまだという感じ。ちなみにゴール裏は攻めて欲しそうな応援だった。
結局、ストヤノフが負傷退場し、ピッチ上にジェフの選手が10名となったところで、必然的に意思が統一される=引き分けでOK。ゲームをその通り締めくくって勝ち点1を手に入れた。


勇人のシュート、なかなか決まらないですね。今年はまだ無得点ですか。磐田でのゴール無効以来なにか憑いてる?今日のあそこは落ち着いて決めて欲しかった。

フロンターレには過密試合日程という理由もあったが、ボールはジェフの方が回っていた。いい感の連動した動きが戻りつつあり、ポンポンとエリア付近まではボールが繋がる。ここからフィニッシュへの迫り方として、サイド攻撃だけでなく中で何か仕掛ける形をつくりたいですね。左右に振って相手が混乱気味なのに、敢えてまたサイドを使うことが多すぎるように感じてます。

ミドルシュートの精度はフロンターレに軍配。2本くらい危ないミドルを打たれる。ジェフのミドルは相変わらず枠食わない。この2本のミドルはフロンタ-レが流れを引き寄せるきっかけになっていたように思えた。やっぱり枠に飛ぶって素晴らしい!

負傷者山盛り。巻・ストヤノフが痛んでしまった。ジョーレもアウトだし。DF陣2枚失うとかなり厳しい。代わりに入る選手の奮闘に期待したいところだが、今日見る限りでは・・・涙。失点シーンのマークを空けたこともあるが、何よりリズムを崩すきっかけとなるミスが多い。次節はジョーレ復帰に期待。
退場の仕方からして、ストヤノフは次節厳しいでしょうね。詳しい情報がないので、なんとも言えませんけど。


負傷者は心配です。でも、今日改めて確信が持てたのは、やってることの方向は間違ってないってことです。ちなみにここ5試合は2勝2分1敗。戦績としても決して悪くない。GWの連戦残り2試合、やってくれそうな予感がします。

まあ、予感を裏切られるのは慣れっ子でもありますがw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヨガ・ピラティス
ヨガ・ピラティスを探すなら http://www.leslieshomes.com/101070/407916/
2008/09/17(水) 23:14:36 | URL | #-[ 編集]
トミーヒルフィガー総合案内所
トミーヒルフィガーの検索サイト。通販、バッグ、ポロシャツ、店舗、財布などトミーヒルフィガーに関する各種情報をお届けしています。 http://habanera.atmormortgage.com/
2008/12/08(月) 21:53:42 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日は等々力まで行ってきました。アウェイの川崎フロンターレ戦です。
2007/04/30(月) 12:58:56 | サッカログ
千葉はここまで2勝4敗2分の勝点8、得点11、失点12で14位。(ナビスコは3勝
2007/05/02(水) 08:12:54 | 與野レッズBlog
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。