FC2ブログ
OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島戦・神戸戦
なんか、3月はあたふたしていてなかなかエントリ上げられない日々が続いてます。

またまた、いまさらながら鹿島戦と神戸戦の感想を。


鹿島戦

序盤ジェフDFがラインを高く押し上げて、中盤も連動しプレスをかけようとする。水本、ジョーレ、ストヤノフがフラットにラインを組んで上下にコントロールするというワクワクするような展開。
ところが開始10分くらい、水本とジョーレはラインを上げているのに、ストヤノフの対応が中途半端でいきなり裏を取られる。(増田だったかな?)
その直後から、ラインが下がり出し中盤のプレスも効かなくなる。
ストヤノフはラインを高く保つ守備にまだいまいちフィットしないように見える。

ジェフはマンツーマンベースで守るが、マークの受け渡しも頻繁に行う。あくまでスペースを消すのではなく人を捕まえる守備。
前半途中までは、アマル・間瀬がベンチから出てひたすら守備のポジションについて指示。ピッチ上にはなかなか伝わらない。
指示の仕草をみていると、下村は人につけて、勇人はバイタルを消すというような感じにも見えた。水野のポジションにも細かい指示が入る。
鹿島は前目の選手が頻繁にポジションチェンジを繰り返してくる。
やっかいなのはマルキーニョス。運動量豊富でジェフの守備を混乱させる。ジョーレが見ていたかと思えば、下村がマークに付いたり。

それでも、前半は1失点の後、すぐに羽生がゴールを決めて、そこからジェフペース。あれよあれよで逆転。このあたりから前半終了間際まではジェフのボールが回り良い感じ。
惜しい決定機もあったがゴールを割れないでいると、FKから同点に追いつかれてしまう。

後半は1点づつを取り合い、引き分けでゲーム終了。

後半途中から、マルキーニョスに水本がほぼオールコートマンツーみたいな感じでついていたのかな?
これをやれば安定するのは分かってるってやつだすな。
でも、今年のジェフは基本守備としてはオールコートマンツーはやらないってことなんでしょうな。


神戸戦

前半は完全なるジェフの試合。
工藤は何か期すものがあったのか、試合にかける意気込みが伝わってくる。
朴が右サイド。工藤とのコンビが決まるとかなり良い形で神戸を崩せる。
ただ、ボール持ちすぎにも見える場面も。水野にもその傾向はあるが。

前半のうちにほぼ試合を決め、後半ネジを巻きなおして来た神戸をよそに、セットプレーから追加点でゲームの行方を決める。

しかし、今回も無失点でゲームを締めることはできなかった。

さらに、前線からプレッシャーをかけられるとボールを回せなくなってしまうのもまだまだ改善されていない。


巻は鹿島戦からかなり調子上げているように見えた。
ヘディングとか相変わらずボールに遠いところで競ってたりするが、それがデフォルトですから。ほぼ復調しているように見える。
あとはいつ得点を挙げられるか。

ジェフはまだ今期公式戦でFWの得点がない。
ホームゲームの勝利もない。
そろそろ見たいもんですなぁ~~~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
テーブル
2008/09/27(土) 00:59:30 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。