OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年版ジェフその2
前回に引き続き、2007年版ジェフについて。

報道によると選手達は、既にイスタンブールには到着したようで、その後キャンプ地のアンタルヤに移動し本格トレーニング開始となる。日本国内にジェフの選手・コーチングスタッフがいないというのもちょっと寂しいものだが、この間は米粒みたいな情報に食いついては、一喜一憂することになるのだろう・・・でも、それも楽しい。やっぱりクラブが始動すると、ファン・サポーターにも喜びと活力が戻って来ますよね。

さて、今回のエントリは2007年版ジェフの続き

懸念されていた下村の移籍もやっと決まり、日本人の補強についてはほぼ終了といったところかな。
下村が2005年くらい活躍してくれたらなぁ。。。なんて、セレッソのファン・サポさんは、活躍できなければ良いなとか思ってたりするのかな?やっぱり。俺だって、ジェフを出て行った選手が他のクラブで大活躍したら嫌な気分になるもんなぁ。

それはさておき、情報の少なかった朴ですが、どうやらサイドのプレーヤーらしいですね。一報ではDMFとのことでしたが、続報ではサイドプレーヤーの上にかなり攻撃的らしいという噂も聞こえてきてます。下村加入でやっと形になりそうになったボランチですが、層薄っっっ。


本日の本題はコーチ陣

新加入の霜田コーチはトップとリザーブズを見るとのこと。リザーブズは名称変更も含め、あくまで「トップを狙う次世代のレギュラー」という位置付けでモチベーションアップを図って欲しいですね。

ヤンコーチは、今年のオフィシャル発表では「フィジカルコーチ」となっている。昨年までフィジカルコーチを置かなかったジェフだが、チーム戦術・スタイルからしてフィジコの必要性は皆が感じていたところ。ヤンさんが専念してフィジカルを作り上げてくれるというのは心強い。特に、昨シーズンは「走るジェフ」が看板倒れ的な試合も多々あったので、その辺はしっかり鍛え上げて欲しいところ。

間瀬さんはコーチ兼通訳。身分上はコーチ。アマルが監督に昇格し、その穴埋めのコーチは来なかったのだが、霜田さんの加入・間瀬さんのコーチ就任で人材的にはプラスになっている。

一方で、スポーツ新聞などで代表スタッフ入り報道のあった、チーフアスレチックトレーナーの前田さんの動向はその後どうなったのだろうか?ジェフの運動量豊富なサッカースタイルでは、アスレチックトレーナー+ドクターの重要性は言わずもがな。続報ってあったのかな?

今年のトップチームの監督+コーチ=6名のうち、アマル・井上さん・岸本さん・霜田さんの4人が1967年生まれ。羊まれはおっとりしているなどと言われることもあるが、同い年4人の連携でクラブをより高みに導いて欲しいところ。

コーチングスタッフは。、昨年比でパワーアップしているのは間違いない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ライフスタイル
ライフスタイルを探すなら http://www.allnavi.jp/200162/208726/
2008/10/01(水) 23:09:01 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。