FC2ブログ
OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年版ジェフ!
移籍市場もほぼ落ち着いたということで、このあたりで一発エントリ上げます。
とりあえず、1月20日時点のIN/OUTを整理。

OUT
MF 阿部勇樹(25)(→浦和)
MF 坂本將貴(28)(→新潟)

GK 櫛野亮(27)(→名古屋:期限付)
DF 田中淳也(23)(→鳥栖:期限付)
DF 藤田義明(24)(→大分:期限延長)

GK 黒河貴矢(25)(→清水:期限満了)

FW マリオハース(32)(退団)
MF ネボイシャクルプニコビッチ(33)(退団)
FW 要田勇一(29)(退団)
MF 松ケ枝泰介(24)(退団)
FW 川淵勇祐(20)(退団)


IN
DF 池田昇平(25)(←清水)
FW 新居辰基(23)(←鳥栖)
FW 黒部貴弥(28)(←京都)

DF 山中誠晃(17)(←明徳義塾高)
FW 金沢亮(18)(←金光大阪高)
MF 米倉恒貴(18)(←八千代高)

未発表だがほぼ決定と思われる
MF 朴宗真(19)(←崇実大)※C契約
MF 下村東美(26)(←C大阪)
? 新外国籍選手1
? 新外国籍選手2

噂レベル
DF 角田誠(23)(←名古屋)

もっと怪しい噂
MF 福西崇史(39)(←磐田)


以上が、ここまでのジェフの移籍動向。これに基づいて、ポジション毎に陣容を見てみたい。噂レベルの角田と福西は除き、新外国人はポジション不明なためとりあえず除く。対象は昨年ベンチ入りや公式戦出場があり、2007年トップの戦力になると思われる選手。

FW
巻・新居・黒部・青木

AMF
羽生・工藤

WB
山岸・水野・楽山

DMF
佐藤・下村・伊藤・朴

ST
水本・斎藤・結城・池田

LIB
ストヤノフ・中島

GK
岡本・立石・中牧


FWに関してはかなり強力な陣容となった。新居がJ2時代の活躍を見せ、黒部も京都時代のようなキレを見せるようになれば、J1の中でも相当強烈な戦力。青木・加藤あたりの台頭があれば、フォワードのポジション争いは熾烈を極めることになるだろう。しかし、ボールを追い越していくジェフのスタイルでは、前線でタメを作れる選手が必要なのだが・・・


オフェンシブとサイドに関しては、正直言って薄いと言わざるを得ない。この5人はサイドも中もできるので、3-5-2の布陣のまま行くとすると、3つのポジションに5人の選手ということなる。恐らくここには新外国人1枚を割くのであろう。
アマルの戦術が昨年と変わらないなら、このポジション(特にオフェンシブ)の守備能力が戦績に大きな影響を与えると思われる。


ボランチについては、下村の入団を前提にして考えると、蓋役に下村で佐藤は飛び出し役という今までの形通りになるのか。控えに伊藤・朴。朴に関しては、C契約にて韓国の世代代表選手を獲得できたというのは出来すぎ。韓国のU-22代表選手ということは、水本・水野並みの戦力になる可能性があり、それを移籍金なしのC契約で獲得した。もし、戦力として台頭し、シーズン中にA契約に移行しても1シーズンは外国籍A選手を3名を超えて保有できる。ベンチ入りは3人までだが、選手層に厚味が出るのは間違いない。と言いつつ、2つのポジションに4人というのはリーグ戦を戦うにはギリギリの線か。中島、そして若手の台頭に期待。


ストッパーは、水本が当確だろう。池田の能力は私には未知数だが、斎藤・結城との激しいレギュラー争いの中で、1つ抜ける存在が出てくることに期待。今期の補強でここに長身系・屈強なDFの噂も出なかったということは、昨年までの守備戦術(相手トップにマンマークを付け、リベロが1枚余る)を大筋踏襲するということになるのだろう。
欲を言えばストッパーに安定感と経験のある選手がもう1枚欲しいところ。
仮に、屈強な外国籍DFの獲得があるとすれば、4バックスの目も出てくる。
CBに外国籍選手と結城(斎藤・池田)、左SBにストヤノフ、右SBに水本。しかし、SBの層が圧倒的に薄いのと、守備戦術を一から再構築することになるので、まあ無いだろう。


リベロには、ストヤノフ。サブは中島ということになる。明らかに層が薄い。下村・伊藤・朴あたりもリベロはできるのかな?
とは言え、1つしかないポジションに外国籍選手2名はあり得ないので、どう遣り繰りするのかが監督の腕の見せ所。


ゴールキーパーは、岡本がファーストチョイスか?経験ある立石も惜しいが、フィード能力とハイボール対応で岡本の方が一歩リード。また、クラブの方針からしても若い選手をレギュラーに据えるのだろう。


外国籍選手
現時点でまだ見えないラスト2ピースだが、上のように見ていくと、1枚はAMFの獲得が濃厚と思われる。ここには、ボールが持ててパスが出せて、さらに守備もできるという夢のような選手が欲しい(って、そんな選手来ないだろうが・・・) ここに良い選手が来れば、タイトル争いに加われる可能性もある。
もう1人は、FWかディフェンス系の選手か。陣容からすると、ディフェンスの方に不安が大きいので、ストッパー・リベロ、欲を言えばボランチまでこなせる経験ある選手が良い。
外国籍選手は監督と直接会話ができる言語圏の選手を獲るのではないか。アマル監督で言うと、英語・仏語・ドイツ語・セルボクロアチア語くらいだと思うので、スペイン・ポルトガル語圏の選手は難しいのでは。
本命は、旧東欧圏の選手ということになるのだろうが、アフリカの選手というのも意外に面白いかもしれない。また、スラブ語圏ということで言うと、ロシアあたりにも埋もれた選手が居そうな気もする。



フォーメーション 3-5-2

    新居 巻
   
    新外A
山岸       水野

  下村  佐藤

新外D ストヤ  水本

    岡本

SUB
FW:黒部・青木
MF:羽生・工藤・伊藤(朴)
DF:結城(池田・斎藤)
GK:立石



フォーメーション 3-6-1

     巻

  新外A 羽生

山岸       水野

  下村  佐藤

新外D ストヤ  水本

    岡本

SUB
FW:新居・黒部
MF:工藤・楽山・伊藤(朴)
DF:結城(池田・斎藤)
GK:立石



フォーメーション 3-4-3

山岸   巻  水野

 新外A    羽生

   下村 佐藤

新外D ストヤ  水本

    岡本

SUB
FW:新居・黒部・青木
MF:工藤・伊藤(朴)
DF:結城(池田・斎藤)
GK:立石


何だかんだ言って、結構バランス取れている。下村選手の獲得と、新外国籍選手でハズレを引かなければ、しっかりとした戦いができるのではないだろうか。
しかし、優勝争いに絡むには、大当たりの外国籍選手や若手の目を見張る台頭など、何らかのサプライズが必要かな・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理者自コメです。
福西(39)ってwww
福西はカズ・ゴンと同期ですかっ!

福西(30)でした。
2007/01/21(日) 22:10:34 | URL | あらら #-[ 編集]
アクセサリー
アクセサリーを探すなら http://www.microdsi.com/100026/100094/
2008/10/04(土) 01:08:41 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。