OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第31節G大阪戦
時間の都合でいつものフォーマット観戦記はお預け。
消化試合の上に、敗戦でやる気をなくしている訳ではないです。
今日はBS1にてTV観戦。

守備的に構えカウンターを狙うガンバに、失点するまではお付き合い。失点してから我に返ったのか、必死になって押し込むが引きまくりのG大阪相手に実効性の高い攻撃を繰り出せるのは何回かしかない。そしてその何回かもことごとく外してしまう。

今日の失点は、マグノの個人技が光ったゴール。あそこから決められちゃったら、まあ、仕方ないとは言いたくないが仕方ない。
むしろ、その前のボールの失い方が非情に拙い。確か、中島のパスミス?今日の中島はこれが多すぎた。

この後、G大阪のビックチャンスを1回挟みながら、ジェフの怒涛の攻撃が続くのだが、ゴールネットを揺らすことはできなかった。

ストヤノフが左サイドを駆け上がって、抉ってからのクロスは要田がゴールの目の前で外す。あのヘッド、練習で100回やっても1回もできないようなワンダーに満ちたヘッドだった。ガラ空きのゴールから1メートルもない距離で、ボールを地面に叩きつけた上、クロスバーの上を越えていくファンタスティックな軌道。練習では決してできないスーパーヘッドを、要田は本番でやってのけた。

他にも、山岸のバーを叩いたシュートや、エリア内で打ち切らずにチャンスを失したプレーもいつもながら何回もあった。打ち切らないなら、せめて相手の裏をかくようなプレーを狙って欲しい。近くにいる味方に簡単に預けるだけなんて、相手は守り易過ぎだ。

後半途中から、試合を見ながらFC東京×G大阪の試合との比較をしていましたよ。
FC東京が演じた大逆転劇では、ノリカルの超スーパーゴールと、石川のファンタジーに溢れた美しいトラップからの決勝ゴールがあった。ジェフには勝利を引き寄せる、そういう勢いをチームに与えるプレーができる選手が今日はいなかった。

あとは、水野が先発で出るようになってから、流れを変える交代を可能にするベンチメンバーがいなくなってしまったのも大きいですね。
今日は、巻→要田、中島→工藤だったが、いずれの交代もピッチ上のチーム力に上積み感がないのが痛い。

しかし、これでリーグ4連敗。今年は他にも3連敗が1回。ふと気付くと順位もアルビレックスの下に。雨は冷たいね。

雑感

かつて「エロス」と呼ばれた男がいた。

岡本に「レギュラーだ」ってポーズを見せないとオフが怖い。
山のようなオファーが来ちゃうよ。今日もキックでは松代を全く寄せ付けず。

水野が間接FKで直接狙ったシーンがあった。あれは、バーを狙って打ったのかな?
水野と家長のマッチアップで、家長が足を上げたとの判定で間接になったのだと思う。間接になるのは、オフサイド・GKへのバックパス・足を上げるなどの危険なプレー。
間接だから松代はそのまま流す手もあった。(ゴールに入ってもノーゴール、確かゴールキックで再開のはず)でも、流すにはゴールとバーの間の微妙な弾道。
ちなみに、間接FKの時は主審がボールを蹴るまで手を上げているのでわかり易い。

ストヤノフ、今日は山岸への必殺のスルーパス(去年の万博を思い出しましたよ!)やクロスと、チームに攻撃のアイディアを与えていた。マグノにやられたのは・・・あれば仕方ないとも言えるが、それでもなんとかして欲しかった。

ジェフの攻撃については、サイドを中心に展開。でも、中で怖いプレーが出来ないのが・・・
ストヤノフの必殺のスルーパスもそうだが、サイドを意識させておいて、中で決定的なプレーができるようになればなぁ。
危険なゾーンでドリブルで1人剥がせる選手がいれば。。。サイドもより効果的に使えるようになる筈。


まあ、これでリーグ優勝争いは盛り上がりそうですね。
ジェフとしては次はホームだし、そろそろ勝たないとヤバイんでない????
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Jokerがいないなら誰かをJokerに仕立て上げる采配もあるのではないかと。

リスクを冒せ、は掛け声だけに終わってますね。采配も選手のパフォーマンスも。
2006/11/20(月) 01:07:00 | URL | おおつるジダン #-[ 編集]
>流れを変える交代を可能にするベンチメンバー

林のいなくなった穴が最後まで埋まらなかったということでしょう。
要田ではこの役割に向いている気配が不足気味です。
青木にその役割を期待したいのですが…。
2006/11/20(月) 11:42:15 | URL | bandaid #-[ 編集]
おおつるさん、bandaidさんコメントありがとうございます。

私は個人的には、スーパーサブは作るものではなく、自然発生的に出てくるものだと思っています。

今シーズン、一時のコウキ然り。

スーパーサブは、プレー・メンタル・フィジカルなどだけではなく、ピッチに立つだけで、観客を含めたスタジアム全体を生き返らせることができる選手のみに与えられる役割だと思うからです。

結局は、少ない時間でも出場したら全力を尽くし、全てを出し尽くして、そうやって監督・チームメート・ファン/サポーターから認められていくプロセスなくしてスーパーサブは生まれないと思うからです。

その道は誰かに作られたものではなく、サッカーの神様がもたらすある種のラッキーと地道な練習の積み重ねでしか得られないと思っています。

スーパーサブこそ、猛烈なラッキーチャームにしか務まらない役割ですよね。
2006/11/25(土) 23:06:56 | URL | あらら #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。