FC2ブログ
OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナビスコ覇者、堕つ
やっとのことで手に入れた栄誉も、あっけなくフクアリの夜空に消えて行った。
ジェフはカップ戦の覇者という名誉を自らの手で貶めてしまった。



天皇杯4回戦、札幌戦。見事にやってしまいました。

なんとなく試合に入って、何となく失点して、何となく負けてしまった。


ここのところ意識が芽生えつつある、90分のゲームプランとして、前半は押さえ気味に入ったのかと思っていたが、どうやら違ったようだ。
ジェフは“ナビスコ王者”として札幌のアグレッシブな戦いを思いっきり受け止めててしまった。横綱でもないチームが横綱相撲をとろうとしても、そりゃうまく行かない。


驚いたのは球際。ほとんどのボールが札幌にこぼれる。当たり合いでも、ジェフが負けることも多かったし、巻は相手に潰されまくっていた。そもそものチームコンセプトが「体が小さい選手が多いので当たり合いを避ける」はずなのが、J2相手という油断か、真っ向勝負して当たり負けてしまう。一方の札幌はフィジカルの強い選手が多いなぁという印象を受けた。


札幌の選手がドリブルで駆け上がると、ジェフの選手がついて行けなくなるような場面も。なんとかギリギリ対応していたが、ぶっちぎられていたら失笑もの。スピード勝負だけがサッカーではない筈なのだが、王者の意地なのか、勝負を真っ向から受けて立ってしまう。


ナビスコ優勝は、「出来ないこと」まで「出来ること」と勘違いをさせる魔力を秘めているのか? 自信と過信の大きな違いを改めて感じさせられる。


言い訳はして欲しくないし、客観的に見てもできない。これが現実で、これが歴史に刻まれていく結果。



忘れるべきことは忘れよう。切り替えて行こう。


今、忘れるべきことはナビスコの優勝で、忘れてはいけないことは、天皇杯での惨め過ぎる敗戦だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。