OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[メモ]赤に泣いた日
えらい酔っ払ってしまったので、とりあえずメモのみ。
勿論レッズ戦について。

最初の赤
埼玉スタジアム(SA指定席超AWAY側)回りは赤い人のみだった。とりあえずHOMEチームに敬意を表して今日はタオマフのみで応援。


前半15分の赤紙は・・・
一発赤が出るのは、危険なプレーと、決定的な得点機会の阻止のどちらか。今日のこのレッドは当然後者の方なのだろう。
この場面、SAのAWAYで見ていた私からするとまさに目の前のプレーだった。緩く絶妙な長さのロングボールに結城とワシントンが絡みながらPA内に走りこんで来る。ワシントンは体を入れてブロック。結城はワシントンの背後から足を伸ばして、ボールに触れようとする。そしてワシントン・結城ともに倒れる。
スタジアムで見ている感じでは、そもそもこのボールがキーパボールに見えた。岡本が判断良く飛び出していれば何もなく済んだのではないかと思う。
しかし、岡本は一瞬躊躇した。これがそもそものミスなのではと思う。

それは置いたとして、さてあのプレーはどう評価すれば良いのか?
この場面良く見て欲しい。ネネからのロングボールを、結城・ワシントンが並走して追う。両者手で相手を牽制しながら全くの並走。結城はボールをクリアしようと足を出す。この時結城は片足立ちとなり、走るスピードが落ちる。ここでワシントンが体を内に寄せ入れる。結果として結城が後ろに置いていかれワシントンがボールに体をうまく入れる。そしてクリアしようとして足を出した結城の太股あたりがワシントンの脇腹に入る。結城の足はボールに触れていない。
私の解釈では、「決定的な得点機会の阻止」とは、得点場面を迎えようとしているオフェンスチームの選手を、あからさまにファールを持って止める、手を使ってボールに干渉するなどを言うのだと思っていた。
このシーンでの結城の動きはワシントンを止めようとしたものではない。ボールに触れようとしたところ、ワシントンに体を入れられ触れることができなかっただけだ。
ちなみに、岡田主審は2者の背後15メートルくらい離れたところを後ろからちんたら走っていた。つまり両者の背中しか見えていない。

また面白いことに、確かにあのままボールが抜けていたらワシントンは決めたかもしれないし、決めなかったかもしれない。ボールはルーズな状態だった訳で、結城が落ち着いてコースを切っていれば得点は防げたかもしれない。しかし巻だったら恐らく外すだろう。決定的な得点機会自体が選手の質に依存するということも一方ではあったりする。なんか得心がいかない。

なにはともかかく、ここでゲームは半分壊れかけた。


そして最後の赤
ストヤノフが試合終了後に2枚目のイエローでレッドをもらった模様。ホント、この人は無駄なカードが多い。ストヤノフには寛容なジェフファン・サポーターも多いようだが、私はこれは許せない。試合に出場できない=チームにいないのと一緒。選手は試合に出てなんぼだ。その間かれはチームに全く貢献していない訳だ。
彼にはフットボールプレーヤーとしての欠点が2つある。切れやすさとハイボールの競り合いの弱さ。そのどちらか一方だけでも直してくれれば私は、彼に一切文句を言わないのだが。

酒飲みの戯言はとりあえずこの辺まで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
審判の判定
こんにちは初めまして。赤組です。
昨日の試合本当に審判がぶち壊してましたね。アンチレッズの岡田は相変わらずのレッズに対する判定でしたが、千葉側からみてもなぜ?と思える判定がかなりあったと思います。
PKになる赤の前に、ポンテに対する不可解な黄を出してしまった事が、岡田最大のミスなのでしょう。あのプレーに黄色を出した以上、シトンに対するプレーは赤にせざるを得なかったという感じがします。
日本の審判は本当に何とかならないのでしょうか?好カードの試合が理不尽に壊れていくのを見ているのは辛いです。
2006/10/08(日) 09:56:31 | URL | YUN #-[ 編集]
YUNさん

コメントありがとうございます。
審判の判定にはいろいろ言いたいことはありますが、選手のクオリティ、層の厚さなどレッズは優勝争いをするにふさわしいチームだと思いますし、昨日の試合も結城の退場がなくても恐らくレッズが勝ったのでしょう。
ジェフはまだまだ未完成のチームで、レッドのシーンもジェフが昨日トライしていたオフサイドトラップとも関係があったりすると思ってます。

それと判定の正誤とは別問題ではあるのですけどね。

しかし、世界中どの国でもサッカーの審判は批判に晒されていますね。これって、日本の審判だけでなく世界的な問題だったりしてます。日本の場合、八百長がないだけまだ健全かな。
負け試合の夜の酒の肴は、ミス批判と監督批判と審判批判って相場は決まっている訳で、そんなのも含めて楽しめるような大人になりたいなぁなんて。私はその域には全然達していませんけどね。

何はともあれこれからもフットボールは続く訳で、次回の対戦を楽しみにしています。
2006/10/08(日) 11:26:35 | URL | あらら #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
≪『ロング・シャドウ』by フィリップ・メルカ≫カリフォルニア・ファンにはたまらぬメルカ最新作【Long Shadow Proprietary Red &quot;Pirouette&quot; 2004】●ロング シャドウ プロプライエタリーレッド &quot;ピロウエッツ&quot; 2004プロプライエタリー・レッドを
2007/08/28(火) 19:05:33 | ワシントンがたくさん
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。