OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006J1リーグ第25節 ジェフユナイテッド市原・千葉×大分トリニータ ~居合とリスクの狭間
2006J1リーグ第25節
ジェフユナイテッド市原・千葉 2-1 大分トリニータ
9/30 @フクダ電子アリーナ 18:30 KO
スタジアムにて観戦

~居合とリスクの狭間


前半は両者が竹刀を構えたまま、ずっと間合いを計りあっているような展開。お互いがスキは作らんとするがばかりに膠着気味の試合となる。ジェフ・トリニータともに3バックのマンマークベースの守備。選手配置がぴったりと嵌まってしまい、自軍ボールの際にもパスの出しどころがない。ジェフは、水本・結城・ストヤノフの3DFに、坂本・阿部・佐藤が中盤の中を埋める。坂本は梅崎番。阿部は攻撃よりも守備に重きを置き、中盤の底からバックラインまでをカバー。一方、佐藤は前目にポジションを取る。両WBには水野と山岸。トップに巻で、その下にクルプニコビッチという形。
ジェフはバックスでボールをキープすると、いつものように右から左へと振っていく。結城のパス回しもだんだん安定感が出てきている。今、千葉はJリーグの中でも、バックスでのボール回しが上手いチームになりつつあると思う。時たま危うい時もあるんだけどね。
今日の前半で言うと、水本が左サイドから、ストヤノフを飛ばして右の結城まで振った際に、思いっきり高松にパスしてしまったシーンがあった。ありゃ絶対に駄目だ。イリアンが対応して事なきを得たから良かったが、水本には猛省して欲しい。DFは1つのミスも許されない悲しいポジションなのでした。
前半は膠着したまま終了。攻撃はロングボールによる散発の攻撃と、サイドを水野が上手く抜けた際に形になるくらい。相手ボールをカットしても、周囲の選手にいつもの攻め上がりの意識がない。いや、これはバランスを崩さないため、意図的にそうしていたとみるべきなのだろう。つまり失点する気もしない代わり、得点できそうな気配もない前半。

後半、両チームに動きもなく、前半と似たような立ち上がり。両チームともとても慎重に試合を進める。点が入るとすれば、ミス絡みか、何らかのラッキーでポロリという感じだろう。さて、ホームのジェフはいつ動くのか?などと考え始めた頃、トリニータが先制点を上げる。
右サイドからのクロスに、PA内で阿部(?)と水本が被り、ボールはファーサイドに。そこでフリーに近い状態で待ち構えていた高松がシュートを決める。高松をマークしていた結城曰く、「自分は味方がボールをクリアできると判断した動きになってしまった」ということでマークを空けてしまったようだ。また今日もアウェー側ゴールにシュートを叩き込まれてしまった。この時点で後半9分。
ここからジェフは苦しい時間帯が続く。大分の攻撃を弾き返しつつ、勇人が良いポジションをとってセカンドボールを拾って、それをトップに当てるのだが、巻のポストがからっきし駄目で、ボールを失っては再び大分に攻め込まれるの繰り返し。巻は今日もタイトマークに合い、ハイボールの競り合いにもなかなか勝てない。時たまファールを貰って、セットプレーに活路を見出そうとするが、あまり得点の香りはしない。
一方の大分は、ジェフが前に出てきたことで、足元への長いクサビを通してくるようになり、またドリブルでの仕掛けなどを交えてジェフに脅威を与え続ける。1点ビハインドを背負ったジェフは、それでも隙を見てカウンターを仕掛けようとするが、逆に大分のカウンターを食らい非情に苦しい展開。そして後半20分頃、山岸が裏に抜けて、GKと1対1の決定的場面を作るがこれは西川のセーブに合い得点できない。おまけに「絶対に諦めない男」巻がピッチ上で足を抱えて立ち上がれなくなってしまう。1点リードを許し、さらに諦めないジェフの象徴である男がピッチ上にうずくまっている。もう絶対絶命。巻は担架に乗せられピッチ外で治療を受けた後、復帰したがパフォーマンスには不安が残る状態。この時間帯は、大分のバーを叩いたシュート、また岡本がナイスセーブで止めた2本のシュートなど、失点していてもおかしくない場面が数回。しかし運も味方し、ジェフはここを何とか無失点で乗り切る。
後半22分にクルプニコビッチOUT、ハースIN。今日のクルプニコビッチは、守備面でも前線で猛烈にボールを追いかけてチームに貢献。やはり、巻の足の状態は悪いのだろうか?前線でのボールホルダーのチェイスは、今日はクルプニコビッチの役割だった。
そしてこの交代あたりから、ジェフが次第に持ち直し、攻撃の形を作れるようになってくる。リスクを犯した攻撃が次第に見られるようになり、前半は自重していたストヤノフの攻撃参加が効果的で、徐々に厚みのある攻撃を展開できるようになる。そして、大分ゴール前での波状攻撃から、フリーのストヤノフがミドルシュート。決まった!と思ったがこれも相手のDFかGKに防がれたようだ。(興奮して良く見えなかったw)そしてその直後、右サイドからのFKで水野が柔らかいクロスを入れると、ニアで阿部とDFがもつれて、ゴール正面にいた結城耕造の目の前にボールがこぼれ落ちる。結城はボールに向かって一直線に体ごとぶつけて、そのままゴールに押し込む!遂にジェフが同点に追いついた!(ビデオを見ていないので判らないが、どうやら結城は肩でボールを押し込んだらしい)結城のJリーグ初ゴールは、苦しいチームを救う貴重な得点となった。
そして、その後もジェフが押す時間が続く。大分も悪い時間のジェフのように引き過ぎの状態になり、前線が孤立しセカンドボールをジェフが拾える状態。そしてこの時間、水野は右サイドでほとんど勝っていたのではないか?(メモを取って観戦している訳ではないので、正確な回数などはわからないが、印象ではそんな感じ)縦に勝負すればほとんどクロスが入ってくる、それもゴールライン際まで抉った上、早い良質なクロス、柔らかいクロスと蹴り分けてくるので、PA内のDFは非情に守りにくいだろう。しかし大分DFも体を張ってボールを弾き返す。そんなギリギリの綱引きに先にしびれを切らしたのは大分の方だった。後半41分、右からの水野のクロスにニアサイドで巻と深谷がもつれて倒れる。判定は大分のファールでジェフにPKが与えられる!このシーンはどんな風に巻が倒されたということなのかよく見えなかった。後日、Jsportsの録画でじっくり見たい。フクアリでここ3戦連続となる、試合を決めるであろう大切なPKを蹴るのは勿論、阿部勇樹。当たり前のように難なく決めてジェフが勝ち越す。
ジェフはリードした後も試合を優位に進める。大分はボールを奪えない。俄然、ジェフの選手の動きが良くなり、中盤のチェックも機能し大分にボールを繋がせない。途中出場のハースが左サイドに流れて良くボールをキープし、時計を効果的に進めていく。さらに巻OUT、斎藤IN。終盤バタバタすることも無く、あとは何事もなく時間が経過しタイムアップ。

以下雑感

・岡本!良く止めたぞ!しかし、前半の頭超えのボールは何だったんだ???

・アマルとシャムスカ、前半はベンチの同じサイドの柱によっかかりじっと腕組み。後半はシャムスカ、判定に切れ気味。アマルは巻のドン臭いヘッド競り合い→ころんでデングリに苦笑。シャムスカの切れる姿を見て、岸本さんも触発されたのか興奮気味。試合終了間際のジェフのFK。ハースが遅延行為でイエローをもらい、切れて強引にシュートを狙った後、アマルは冷静に左のオープンスペースを指差す。恐らく「キープだ」ということ。

・シャムスカのトレーナーをジャージにしっかり入れるスタイルに今のサッカー界のトレンドを見た。

・山岸、裏に抜け出した時の一瞬のスピードは、やっぱり速いね。智ってこんなに速く走れるんだと改めて認識。

・水野、今日は攻撃の切れは十分。守備には目を瞑るとしても、このパフォーマンスをコンスタントに続けることが重要。あとはお子ちゃまからの1日も早い脱皮を!

・前節の京都戦、今節と現実的な戦い方のジェフ。90分の戦い方にメリハリがついて来た。でも私としては、90分間リスクと戦うジェフが好きだったりします。


おまけ
一夜明ければ、千葉から代表に6人選出。本当にそれで良いんですか???



第25節のスタメン選手年俸 (参照

ジェフユナイテッド市原・千葉
273,900,000

大分トリニータ
206,800,000


第25節時点の首位:(チーム名-勝点差-残り試合)
ガンバ大阪-17-9(9/30暫定)


今季リーグのアマルオシムの服装(第13節より)
Gジジチジチジジジパジジジ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>トレーナーをジャージにしっかり入れるスタイル

田舎の体育教師のようですが、
ちゃんとズボンの中に入れないといけないんですよね。
これからは選手のユニも、ちゃんとしてる子してない子、数えてチェックしてみます。
2006/10/04(水) 02:09:49 | URL | おおつるジダン #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ジェフユナイテッド市原・千葉ジェフユナイテッド市原・千葉(ジェフユナイテッドいちはら・ちば、JEF UNITED ICHIHARA CHIBA)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。略称「ジェフユナイテッド千葉」、または「ジェフ千葉」。2005年2月1日よ
2007/08/07(火) 15:45:47 | サッカーFC事典
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。