OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006J1リーグ第24節 ジェフユナイテッド市原・千葉×京都パープルサンガ ~とにかく勝ちって素晴らしい!
2006J1リーグ第24節
ジェフユナイテッド市原・千葉 2-0 京都パープルサンガ
9/23 @フクダ電子アリーナ 19:00 KO
スタジアム&帰宅後Jsports録画を倍速観戦


~とにかく勝ちって素晴らしい!


京都に勝ちましたね~。それも完封勝利。やっぱり勝ちっていうのはホント良いもんですね。
でも試合内容についてはあまり語るところなかったりして・・・w。グダグダのダメダメというほど酷くもないが、決して良くもない。京都がもっと酷かったので、相対的に酷くない方が勝ったという感じです。まあ、今は内容はともかく勝利を素直に喜ぶべきなのでしょう。

ゲームは、前半ジェフが京都を抑える。京都にほとんど攻撃の形を作らせないままジェフの攻撃が続くが、その攻撃も今一つスピードに欠け怖さがない。ジェフの守備は、水本がパウリーニョを、結城が林を見る以外はかなり流動的。ゾーン的にスペースを消すということでもないのだが、選手が流動的に入れ替わってマークを捕まえていく。試合がまったりし始めた頃、山岸の左からのクロスがDFとGKの間を綺麗に抜け、ファーで巻が角度のないところからゴール。ジェフが先制。その後は、ジェフは無理にボールを前に運ぼうとせずに、バックスでのボール回しからチャンスを伺う。今の京都相手であれば、ずっとこれを繰り返していれば時間はどんどん過ぎて行きそうな雰囲気。激闘のナビ杯川崎戦から中2日での試合ということを考えれば、悪い選択肢ではない。時たま空気を読めない結城が縦にボールを入れて、相手にボールをプレゼントしたりするw。結城は守備はまずますの出来。DFでの球回しにはまだぎこちなさが残り、一時の水本のように相手から狙われたりしないか心配。ここが結城の一番の課題か?
前半はことなく終了。うまくゲームをコントロールできていたように見えた。

後半から京都も少し前に出てくるようになる。右サイドからの仕掛けには、ヒヤリとさせられることも。京都の攻勢にジェフが耐えている時間に、相手GKのミス絡みから、ジェフがラッキーなPKをゲット。相手DF・GKのマズい対応もラッキーだし、判定も微妙にラッキー。阿部が決めて2点リードに。
あとは、京都のグダグダ具合に付き合っているだけで、時間は過ぎていった。そのまま試合終了の笛が吹かれ、ジェフが2-0で完封勝利を手にした。
京都の拙攻に助けられ楽に勝たせてもらったとも言えるが、ジェフは攻撃よりも守備に運動量を割いて勝利を手繰り寄せたとも言える。



以下雑感

昨日のジェフの中盤はいつも以上に流動的に見えた。阿部がかなり高い位置に出てくることもしばしばで、時にはトップの位置にいたりする。ジェフの場合は、攻撃時にはオリジナルポジションを捨てて流動的に動いていくが、昨日については、ボールを奪われた後に攻撃参加した選手がすぐに守備に戻るのではなく、そのままの高い位置でプレーをし続けるという姿が見られた。一方、トップの巻がWBの位置でディフェンスをしたり、ときには本来ボランチがいるポジションで守備をすることもあったり。最後の方は勇人がトップ下にポジションを取って攻守に奔走してみたり。スタジアムで見ていても、どういう形でやっているのかさっぱりわからず、帰宅してビデオを飛ばし見しても、ボールサイドの映像が多く未ださっぱりわからないまま。なんとなく思うのは、ストッパー2枚以外は、守備時にもオリジナルポジションを捨てて、流動的に守備をするという形を試行していたのではないかということ。ジェフはもともとオリジナルポジションがないようなチームだが、昨日はピッチ全体で攻守にわたりオリジナルポジションを捨てまくっている姿が見られました。
本来のポジションを捨て続けることで、不必要な運動量を減らし、またピッチ全体のバランスをキープするという試みなのかもしれません。いや、勝手に解釈してますけど。これがチームとして意図したものなのか、たまたまそうなっただけなのか、次節以降の戦い方に注目したいと思います。

前線からのプレスに試合の流れの中での意図が感じられた。前半はタイミングを計って、時折、巻・羽生・水野が連動し京都DF陣にプレスをかける。これはボールを奪えそうなタイミングだったり、試合が膠着している時だったり。そして後半30分過ぎから、再び前線が京都ボールを追い始める。苦しい時間帯に、京都の攻撃意識を削ぐような前線からのプレス。これは戦略として効果的だったと思う。

岡本は嬉しいリーグ初勝利&発完封。このままの調子でいくと、ひょっとするとレギュラーポジション取っちゃうんじゃないの?キックの精度は高く、球種も豊富なのでGKを起点として攻撃の組み立てが十分期待できる。そして何より、立石が不安を抱えるハイボールの処理では昨日の岡本の方が上だったと思う。






第24節のスタメン選手年俸 (参照

ジェフユナイテッド市原・千葉
269,100,000

京都パープルサンガ
190,000,000


第24節時点の首位:(チーム名-勝点差-残り試合)
ガンバ大阪-20-10


今季リーグのアマルオシムの服装(第13節より)
Gジジチジチジジジパジジ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フクアリまで、ジェフ千葉vs京都パープルサンガを観に出かけました。それほど、混雑はしないだろうとは思ったけれど、優先入場の時間に合わせて行きました。
2006/09/26(火) 12:26:35 | サッカログ
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。