FC2ブログ
OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナビスコ杯川崎戦9/3 トップライン
等々力から帰って来ました。今日はゴール裏2階での観戦だったので、試合の細かいところは良く見えてません。

なのでとりあえず、トップラインのみということで。

前半は全然駄目。こりゃ今日は駄目かなと思いつつも何とか1失点で防ぎきったところに後半への光明が見えた。失点シーンは、なんか良く分からないけどカウンターを食らって、一旦は防いだように見えたがこぼれ球をジュニーニョに決められたって感じ。今日はジュニーニョには水本がフルコートマンツー。しかし、結果としてはやられてしまった。

さらに言えば、ジェフはフロンターレのドリブルの仕掛けにやられ過ぎ。簡単にスルリと抜かれてしまう。おまけにエリア内への縦へのパスとかも良いように通されてしまう始末。相手のミスもありこれだけやられても1失点で済んだのはラッキーとしか言いようもないし、そのおかげでゲームが壊れずに済んだ。

後半も立ち上がりはイマイチだったが、次第にフロンターレの運動量が落ちて来て、ゲームの趨勢はジェフに傾き始める。そこで関塚フロンターレは黒津に代えて、チョン投入。しかし、ジェフも2試合連続でそう思うようにはさせない。その直後の水野・工藤の投入でゲームの流れは一気にジェフに傾く。

いくつかの惜しいシーンを経て、坂本が決めて同点に。反撃の狼煙を上げる。そして、ゲームに飢えた男、水野があまりに見事なミドルをぶち込み逆転。

スタジアムでは「あっこちゃん」連発のノリノリ状態。

ロスタイムまでやられる気などまったくしなかったが、最後の最後にCKから飛騨のヘッド。水野が競っていたがクリーンにヘッドさせてしまう。ボールは立石がクリアしたが、詰めていたジュニーニョにこぼれ、最初のシュートはポスト直撃したが、跳ね返りをまんまと決められてしまう。マーカーの水本はジュニーニョに前へ入られてしまっていた。

その後、ちょっとした騒ぎがあり訳分からないままタイプアップ。

まあ、アウェイでの引き分け、それも2ゴール挙げてというのはホーム&アウェーのカップ戦の1戦目としては悪くない。主力選手3人を欠く中での試合だったし、ここのところの試合内容を見ても正直負けも覚悟していたので。1点差での敗戦なら御の字と思っていたところに、アウェーで2点取ってのドローというのはまずまずの結果。

さらに、フロンターレは次戦本日レッドの佐原は出場停止。おまけに谷口も累積で出場停止。
一方のジェフの側からすれば、佐藤・水野の復帰の目処は立ったし、次戦は連戦日程でもなく、おまけに代表組も帰って来る上、苦手の夏場も過ぎていると来た。
決して悪い結果ではない。


・試合終了直前(直後?)のゴタゴタ
ロスタイム、フロンターレのFKの際の出来事。中村のキックは立石がクリーンにキャッチしたのだが、そのそばでストヤノフと佐原が遣り合っていた。帰宅してからこの場面だけとりあえずビデオを見たのだが、競り合いの中で2人がもつれ合い、ストヤノフが佐原を振り払うように体を強引によじる。絡んでいた佐原はそれを自分への攻撃と見たのか、ストヤノフの首に組み付いて反撃。形としては、首締めともラリアットとも言えない組み付きとなる。
それを見た両軍が入り乱れて騒然となる。立石が佐原を突き飛ばすシーンも。
主審の裁きは、佐原への1発レッドとなった。

この場面で異様だったのは、フロンターレベンチから複数人のスタッフが飛び出して、ピッチに乱入し主審を取り囲んだこと。ベンチスタッフが主審の許可なくピッチに入ることは当然禁止されている訳で、これに対する裁定がどう出るのか注目。ジェフオフィシャルによると、川崎のフィジコが退席となっているが、これが裁定ということなのか?
またこのシーンについては、後日ビデオ裁定により何か起きるかもしれない。佐原の行為を報復の暴力行為とするならば、出場停止は1試合では済まないだろう。また、立石の行為も後日裁かれる可能性もある。さらに言えば、このシーンではないが後半のマギヌンの張り手も裁かれることになるのだろう。


・試合に飢えた狼
今日の水野は凄かった。まさに試合に飢えた狼。ルックスからすると王子様タイプの水野だが、今の彼は血に飢えた野獣のようだ。それほど今日の水野はキレまくっていた。
後半投入されるや否や、サイドで勝負し、中に切れ込んで敵を撹乱し、見事に坂本の得点のお膳立てと、自らの右足から強烈なシュートを決めた。
さらに、守備でも狼は眠らない。ボールホルダーに食らいついては襲い掛かり、かわされてもまた追いついて食らいつく。まさに野獣。得点を決めた直後の咆哮はまさに獲物を得た狼。今日の水野のプレーに忘れかけていたジェフの魂を見た気がした。

ジェフの選手はここのところ「自惚れたプレー」をしていたのではないか?

#ちなみにですが、水野の左のキックって随分良くなってません?
#左足からもハッとするようなボールを蹴るようになって来た気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自コメです。
1発レッドのサスペンションは次戦(Jリーグ戦)に適用されるようですね。
良くレギュレーション知らなくてスミマセン。

2006/09/04(月) 01:14:55 | URL | あらら #-[ 編集]
連チャンお疲れ様です。

スタッフ乱入はありえませんね。
次戦、スタッフ全員ベンチ入り禁止
(架空裁定)

水野の怒り
なんでスタメン楽山なんだよぉwwww

ポヨヨンクロスしか上げられなかった水野の右足、
怒りをバネにいい仕事しました。
これがアマルの狙いだったりして。

ところで、今日は鳩の爆撃喰らいませんでしたか?
2006/09/04(月) 01:39:01 | URL | おおつるジダン #-[ 編集]
今回は、ハトの糞大丈夫でした。
しかし、私の隣に座っていた友人の隣の席に試合中も爆撃があったようでした。
そいつはガクブルしてたけど、ハトの糞くらいでビクビクすんなって感じです。
もう、糞には慣れましたよ。

スタッフ乱入の件は次エントリにて。
2006/09/05(火) 00:25:40 | URL | あらら #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。