OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナビスコ杯川崎戦ほか
■さて、明日はナビ杯川崎戦

水曜の敗戦から浅漬けの漬かる間もなく、明日は川崎戦です。あ、浅漬けは漬かるか・・・
相手は強いです。おまけに下に書くとおり、ジェフは連戦に弱いです。
しかし、選手、ファン・サポーターを含め自分のやるべき事をしっかりやれば、必ず光は見えてくるはずです。まずは3外国人、特にジュニーニョを抑えること。ボランチには佐藤の復帰が濃厚ですが、アウェーということも考えて、もう1枚ボランチ、それもある程度守備に専念できるボランチを置きたいところ。坂本隊長が筆頭、場合によっては結城を入れてマギヌンに貼り付けるもアリ???守備的に見えるかもしれないが、相手はホームで勝ちに来るので、我慢すればカウンターで人数かけずに得点するチャンスは必ずくるはず。
さらに水野復帰の可能性あり。であればなおさらボランチには1枚守備的な選手を置きたい。なんとなく、水野をサイドに置くより、楽山(坂本)・山岸のサイドで、ハース1トップのKrupiと水野が2列目の方がうまくいくような気もする。
あとはこのエントリで書いたとおり、ハトの糞は幸運の印なので皆さんそれをお忘れなくw


■泣くな!ジェフ!!!

磐田戦では羽生が号泣し、福岡戦後には阿部が泣いたらしく、川崎戦では巻まで泣いたらしい。そして涙君3人衆は仲良く代表遠征に。
他の選手達も代表に入りたかったら泣いてみたらいいんじゃないかな?

あ、毒のある言い方でスミマセンね。別にこの3人に対し敵意があるわけでもなく、もちろんかなり好きな選手なんですけど。

でも、私個人的にはこの手の涙はあんまり好きじゃないんです。
これはこの3人に対してという意味ではなく、一般論として書かせていただきます。
いやしくもプロフェッショナルフットボールプレーヤーであり、勝った負けたの勝負の世界に身を置く人間には、そんな簡単に人前で涙を見せて欲しくないんですよね。正直に言えば、感性豊かで優しい人間が私は大好きです。しかし、勝負師である以上は、下駄を履く前に涙を見せてはいけないんじゃないかと思うわけです。なんかそこにつけ入る隙があるように見えてしまうのです。

まだ何も終わっちゃいない。何も得ていない代わりに、何も失ってもいない。涙を流すのは12月になってからでも遅くはないと思う訳です。雑草のような逞しい気持ちを思い出して欲しいのです。



■連戦の爪跡

2005年と2006年8月末までの、ジェフの連戦の戦績を調べてみました。
詳しくはここをご覧あれ。
やはり、ジェフは連戦に弱い!!!!!週2試合の戦績はかなりボロボロです。

2005年など、リーグ戦7敗のうち、連戦での敗戦が5試合。引き分けも5あるんで、勝率は4割程度。連戦の始めの試合も含めると、なんと2005年の敗戦はすべて連戦絡みとなる。

2006年はそれほど酷くないが、しかしA3も含め連戦が多すぎる。連戦弱しのチームとしては、今年のJリーグのカレンダーはツライ。まあ、ジェフがそういうサッカースタイルを選んでいるので仕方がないことではあるのだが。

なお、このデータには代表戦の日程は含めていない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
連戦の爪跡、てか傷跡ですね、いたいたしす。
ある意味、データの鬼、とお見受けしてましたが、さすがですね。
アマル着用分の記録までありますもんね。

泣いてるくらいだったらかわいいじゃありませんか。
このシトなんか、記者会見でこんな顔しちゃってていいのか、と。
もう投げ出したいのか?

やさしいジェフサポの神経を逆なでするんじゃないかと、
ブログ炎上が怖くて公開できません。
こちらに置いてあります。

http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/bc/70683f84/bc/1cf3/amaru.jpg?BCBIb.EBwwgsiJZz
2006/09/03(日) 01:24:04 | URL | おおつるジダン #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。