OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナビスコ柏戦
いつも遅ればせながら、ナビスコカップ予選第2戦 柏レイソル戦

ホームゲームだったので勝ちたいのはヤマヤマでしたが、1点先行された上に
退場者を出し数的不利という状況の中で、何とか追いつき引き分けたという
結果は悪くない。むしろ上出来。

この試合の後半、10人になってからはジェフの守備が非常に良かったように
見えた。特に、下村・工藤・米倉のバランスが非常によく、組織的に追い込んで
アグレッシブに守れていた。当然、そこでボールを奪えば効果的な速攻に
繋がる。残念ながら、速攻のチャンスではミスが多く、ちぐはぐな事が多かった
のは残念だった。

何より、昨年まで速攻を食らうとほぼボロボロに崩れていた守備だが、
クジェ監督が手を入れただけあり、速攻を食らっても簡単には失点
しなくなったのは大きな進歩。2008年版では、ボールを失った場合、
まずリトリートする。ボールホルダーへのアプローチよりも、ハーフウェーを
超えて何十メートルか進入してくるまではリトリートを優先してますね。
(だから、清水戦では藤本のミドルを食らっちゃったんですけどね。
でも、これはクジェのやり方ですね)
隊長が、柏のボールホルダーを追い越してリトリートしている場面は
笑えました。→そんな訳ないかw

謎なのは、相手CK時の守備。坂本隊長がニアポストに付いて、
さらにボスナーがニアのスペースを消すような守備位置を取っていました。
かと言って、ゾーンで守っているという訳ではなく、あくまでボスナーだけが
ニアを消して守っているような・・・
この試合、何回かCKからフリーでヘッドを打たれましたが、ボスナーの頭を
超えられると、守備が一人足りない状態だったのでしょうかね?

フルゴビッチはなんとも言えないというのが素直な感想。
Jリーグのスピードに戸惑うというのはわかるのだが、残念ながら持っている
筈のテクニックの片鱗も、FKのキレも見せてくれなかった。
ちょっとボールを持ちすぎて、2人に囲まれてどうにもならない場面が目立ち
ました。

この試合では、相手のミスから得点を挙げることができましたが、
今のジェフの攻撃では、なかなか得点は挙げられそうにないというのが
正直な感想。巻が帰ってくれば、頭めがけて放り込むというのは1つ
あるんだろうけど、それも限界がある。

美しい連携からの崩しを期待するには、やはりまだまだ時期尚早といった
感なのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ナビスコ川崎戦とJ1清水戦
やりました。今期初勝利。クジェ監督もジェフでの初勝利です。
寒風吹きすさぶ中、観戦の甲斐がありました!

内容的には・・・ゲームは完全にホームチームのもので、ジェフは終始押されっぱなし。
前半は特に川崎の寄せが早くタイトで、ジェフはほとんど何もできない状態でした。
後半になり、相手も少し疲れてきたのか・・・寄せが甘めになり、ボールを拾えるように
なってから、多少攻撃らしきものができるようになりました。
そして、数少ないチャンスを、米倉・中島が決めてくれました!
形はどうあれ、やっぱり勝利って良いですね。

しかし、20本ものCKの雨を浴びても、なんか失点しそうな気がしないのは
やはりエドの存在感のせいでしょうか?

攻撃に関しては、やはりまだまだで、サイドを使おうという意思はあれど、
まだまだうまくかみ合ってない状態ですね。サイド攻撃も3バック横の
スペースがご馳走のように見えた場面が何回もありましたが、そこをあまり上手には
使えませんでした。何回か裏に飛び出した場面はありましたけどね。
あとは、エドがサイドの裏に一発通そうと何回かチャレンジしてました。
エドって常にインステップで蹴っているような印象の選手ですねw

一方の川崎は、なんか去年のどこかのチームを見ているような・・・
形は作るけど、決められない。運もない。
ボールは回すが、なんかいつの間にか回させられているような感覚を
覚えて来る。そして、数少ないピンチで失点。カウンター南無南無。
いや、なんかフラッシュバックが・・・w


あと、J1第2節の清水戦絡みでちょっとだけ。
今年もシーチケ継続購入したのですが、フクアリ年チケ発売以来、
ずっと右隣とその右隣で観戦してきた男性2名が今シーズンは
チケット更新しなかったようです。ぱっと見た感じだと、半分までは
入れ替わってませんが、結構顔ぶれ変わっていますね。
昨年は、ほとんど継続の方が多かったように思うのですが。。。
去る選手あれば、去るファンあり。

ところで、ジェフの選手が、オシムファミリーにシーズンシート4席を
プレゼントしたとのニュースがスポーツ新聞に流れてました。
金額から推測すると、SS席かジェフシートか?(4席で35万と
書いてあったのでともに計算は合わないです)
思い起こしてみると、清水戦ではその入れ替わった右隣2名の
隣の席が4席まるまる空いてたんですよね。。。

ハッ、まさか!www

明日はホーム開幕戦!
待ちに待ったホーム開幕戦! ついに明日ですよ!

第2回締切りで頼んだユニフォームもちゃっかり届き、準備万端。
今年は9番で決めてみました。 あとは花粉症対策のみですな。

明日のゲーム。ホームではどこまで攻撃的にやるのか?
不安もありつつ、一方ではとても楽しみにしています。


ところで、G大阪戦でのボスナーのFK、あれはゴール狙ってないね。
相手のボディを狙った戦略的なFKだね、あれは。
あのボール食らった選手は、シーズン終盤にずっしり効いてくるよ。

G大阪戦で言うと、孝太とマツケンは楽しいね。
高校のサッカー部のちょっとワル入ってるけど、つっかけてちゃっかり
点取って帰って来る選手って感じ。まだ、エレガントさは無いけどね。

ガンバ戦未だに見てません
待ちに待った2008年J1開幕戦。
しかし、未だ試合は見てません。我が家はJsportsに来るまで見られないので、明日やっと見られるというスケジュール。

アウェーで引き分け。それも強豪相手に無失点。戦利品は勝ち点1と水本のイエローカードw

もちろん、試合はチェックしますが、ポゼッション3割(←これ、J1ワースト記録じゃないかw)っていうのは相当堪えますね。これ、実際に試合みると100%一方的に攻められてるっていう状態ですよね。自分がジェフファンであることのプライドをズタズタにされた気にさえなりますw
ネット上では好意的な意見を良く目にしますが、私の場合は結果より何より以前のジェフのスタイルに惹かれて中毒になってしまった人間なので、複雑な気持ちではあります。
でも、それでもジェフはやめられないんだけどね。

目にするのが、G大阪戦限定で守備的は布陣をとった、もしくはリーグ戦序盤はまず守備を固めてその後攻撃的なチームを作るんだというストーリー。
クジェ監督は、G大阪戦後のインタビューで明確に「攻撃的なチームを作る」と答えています。これについては是非そうあって欲しいと思う。
しかし、攻撃的という定義は実は結構微妙だったりするような気がする。

浦和ファンに聞けば、「レッズは攻撃的だ」というだろう。
川崎ファンは、みんなが自分のチームは攻撃的なチームだと思っているだろう。それも3年前から。

では、クジェ監督の言う、「攻撃的」とはどんなクラブなんだろう?
ヒントとして、非情に大きい(というか嬉しい)のが、3・18号のサッカーマガジン。
監督インタビューの中で、「最終的には6、7人が相手ゴールに迫り、攻撃を繰り広げ、チャンスを作るようなサッカーをしたい」と答えている。

もし、それが実現されれば、攻撃については昨年までのサッカーに近いものになるような気がする。
ただ、攻撃することのリスクも去年までと同じものを背負わなくてはならないことになるだろう。

一方、クラブ公式サイトにアップされている、サポータコミュニケーションデー議事録を見ると、昼田GMは、「守ってカウンターというサッカーになる」と言っている。ということは、クラブはそういう考えでいるということなのか?


クジェはどんな攻撃的なチームを作るのだろう?
答えが見えてくるのは、もう少し先だ。もしくは、答えはずっと出ないのかもしれない。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。