OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらら的2006年MVP
阿部にレッズがオファー???ハテハテ???
オファーするのは勝手です。でも移籍は当然ないですよ。
そりゃそうでしょう。普通に考えればあり得ない。なので、気を揉むのは止めましょう。
これは阿部以外の選手にも言えることだが、今ジェフから出ても選手に何のメリットも無いですよね。あるとすれば、出場機会に恵まれない選手くらいかな。


と言う訳で、今回のエントリは「あらら的2006年ジェフMVP」


勿体つけずにいきなりMVPから行きます。


MVPは・・・


羽生 直剛 選手です!!!


(オフの間、1節から1試合づつビデオを見直そうと思ってますので、ひょっとするとその後印象が変わったりするかもしれませんけどw)

W杯中断前までは、巻、羽生、山岸が好調。羽生は、シーズン序盤こそ途中交代やスタメン落ちなどもあったが、クルプニコビッチと羽生が同時にピッチに立つようになってから、この2人のコンビネーションが最高で羽生がより輝き始める。プレーにも自信がみなぎり、もともと高かった運動量を生かしつつ、昨年まで散見された疲労時のミスが大幅に減った。もともとそれなりに技術のある選手だったと思うのだが、それをピッチ上で90分発揮できるようになった。
豊富な運動量を背景ににした、技術とアイディア溢れるプレーは相手チームには相当な脅威であったに違いない。そして昨シーズンは2得点だったリーグ戦で、今シーズンは7点を挙げた。
クルプニコビッチがシーズンを通じて良いプレーを続けられていたら、羽生はもっと輝けたのではないかと思う。

巻・山岸・水野も短期的には非情に良いプレーをしたと思うが、羽生はシーズンを通して高いパフォーマンスを維持し、そして昨シーズンからの上積みを見せ続けたところがMVP選出のポイント。


巻と山岸。この2人は序盤戦のMVP候補選手。

ワールドカップ前の巻は、持ち前のアグレッシブさ、ダイナミックさに加え、足元の技術でも確かなものを見せて、ジェフサポからも驚きの声が上がった。W杯後は、コンディションを落として良い時のプレーを出すことは出来ず。

山岸はホンモノ感満点のプレーで、序盤のジェフを牽引。攻守に渡りサイドを支配し、左右のサイドからゴール前までを蹂躙した。山岸はシーズン通してスタメン出場したのは、今シーズンが初めて。レギュラー獲得後の最初のシーズンは1年を通じてコンディションを維持するのは難しかったのだろう。特に今年の夏場のスケジュールは過酷過ぎた。


そして水野。彼はナビスコカップとリーグ終盤戦の最優秀選手。

シーズン半ばから停滞するジェフにおいて、彼が気を吐きチームを牽引した。右サイドで1対1を挑まれた相手はことごとく屈辱を味合わされた。来シーズンは是非シーズンを通じてレギュラーを獲得して、サイドを切り裂きつづけて欲しい。
なお、3トップ気味で臨む場合、水野の左サイド起用もアリでないかと思っている。クロスも良いが、切り込んで右足からのシュートは、想像するだけで得点の匂いが漂う。


阿部・水本もMVP候補。

水本は夏場から安定感を大きく増した選手。DFでのボール回しにも安定感が出てきて、プレーに余裕も見られるようになった。もともとのストロングポイントである、1対1の強さにクレバーさが加わり、完全にレギュラーの座を手にした。シーズン序盤、怪我のため出遅れたのが残念。
阿部はシーズンを通して安定したプレーを披露し、チームを引っ張った。ポランチからストッパー・リベロまでをこなしつつ、11得点(うちPK5得点)は驚異的。(あの上がりたがり屋の闘莉王が7得点)羽生にあらら的MVPを譲ったのは、羽生の方に前シーズン比で進化が見られたということだけです。

一方、今シーズンの過密日程は、30代の選手にはきつかったようだ。
終盤、調子を落とした斎藤。序盤こそ期待させたが、今ひとつ活躍できなかったクルプニコビッチ。怪我がちだったハース。ジェフのサッカースタイルが運動量を背景にしている以上、この問題は来年以降も課題となって来そうだ。

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

個人的2006年ジェフベスト3ゲーム
2006年のJ1リーグ戦も全て終了し、ジェフは13勝5分16敗で勝ち点44の11位という残念な結果に終わってしまいました。

まあ、いつまでも残念がっていても仕方ないので、ここでは今年の「あららが選ぶジェフベスト3ゲーム」を挙げて感傷に浸る、もとい、明日への活力にしたいと思います。


あららが選ぶ、2006年ジェフベスト3ゲーム
(対象はジェフの公式戦全試合です)


【ベストゲーム】第11節 浦和レッズ戦 2-0

栄えあるベストゲームは、11節の浦和レッズ戦。ホームのジェフが積極的な試合を展開し、2-0で完勝。ジェフは試合を押し気味に進めながらも得点を挙げることができずに焦れる展開。浦和ゴールをこじ開けたのは、その当時「日本で最も得点が欲しい男」巻誠一郎。「魂を込めたので入るとい思いました」は、私の中では今年の名言No.1。勇人の胸から落としを、胸のすくような思い切りの良さでゴールに叩き込んだ。巻はポストプレーもほぼ完璧。しかし、残念ながら巻は、この試合が今年のピークだったようだ。試合内容もジェフらしい戦い方で、そしてワシントン・ポンテを押さえ込んで無失点にて試合を終わらせた。



【ベスト2ゲーム】A3 蔚山現代FC戦 3-2

ベスト2は、A3の蔚山戦。監督交代後、ピリッとしたゲームができないジェフだったが、A3では違った。過密な試合日程のせいもあり、スタメンに当時怪我明けだった水野、結城と楽山が名を連ねた。アグレッシブにマークして、奪った瞬間ボールを前に運ぶジェフと、カウンターから個人技で得点を狙った蔚山の一戦。この試合は勇人が個人的MOM。イチョンスにぶっちぎられたのは目を瞑るってことでw。前半のうちに3-2となり、試合終了までスコアはそのまま動かなかったのだが、後半のジェフの猛攻は凄かった。俺のジェフってこんなに強いの???って感じ。面白いようにボールが繋がり、面白いようにスペースを使って、縦横無尽にピッチを支配。また、水本が1対1でイチョンスを止めたのも印象的。このあたりから水本が頼れる存在として輝き始めた。



【ベスト3ゲーム】ナビスコ杯決勝 鹿島アントラーズ戦 2-0

水野のゴールが決まった時の爆発は、今期一番の歓喜の瞬間。ゲームもジェフが大方を支配しつつ、その通りの結果に収まった試合だった。シーズン終盤の水野は相手DFも手がつけられないようなサイドアタッカーに成長したが、このナビスコ決勝、また準決勝の等々力での川崎戦で挙げたゴールが彼の覚醒の大きなきっかけになったような気がする。阿部の追加点で試合を決定付けた訳だが、やはり決めるべき人が決めたという印象。昨年のガンバとの決勝のような、息を呑むスコアレスゲームもコクがあるが、やはり点を取って勝つのが一番良いとつくづく。



面白いことに、この3ゲームともストヤノフは出場できず、変わりに中島が先発でピッチに立っている。だからと言って、ストヤノフ<中島とは決して思わないが、なんとも奇遇だとは思う。レッズ戦、蔚山戦では得点まで挙げている。中島浩司という男は、つくづく不思議な男だ。
2006年J1リーグ第34節 ジェフユナイテッド市原・千葉×横浜Fマリノス ~リーグ最終戦
2006J1リーグ第34節
ジェフユナイテッド市原・千葉 0-2 横浜Fマリノス
12/2 @フクダ電子アリーナ 14:00 KO
スタジアムにて観戦


~リーグ最終戦


試合結果はともかくとして、今日のジェフは良かった。序盤はDFラインもマリノスより2メートルくらい高かったしw、コンパクトに陣形を作ってアグレッシブにマリノスに襲い掛かっていた。

あれれ?っていうカウンターからまたしても坂田にやられるが、それでも試合はジェフのものに見えた。工藤の動きが良く、いい感じの顔出しができる、また勇人がDFラインでのボール回しを良い感じで預かって、単に戻すだけでなく前を向いて試合を作ろうという意思が見られる。前半の最大のチャンスは、左サイドからの攻撃で、1人スルーしたボールを阿部がPAライン付近からシュートした場面。あれだけフリーなんだから枠に飛ばさなきゃまずんでないの????
左サイドからの攻撃では、マリノスは逆サイドのDFがかなり中に絞るので、ファーにボールが通れば山岸がドフリーというシーンは何回もあったが、残念ながらボールホルダーはそれに気付かない。
前半は0-1で終了。


後半に入り、よりアグレッシブさを増すジェフ。マリノスはカウンターに活路。見ていても全く失点する気がしない。のだが、いざカウンターを仕掛けられると、必ず1対1で負けてしまい、マリノスに決定的なチャンスを作られてしまう。ジェフのサッカースタイルでは、カウンターを食らうのは仕方ないのだが、そこを持ちこたえられないようであれば、リーグタイトル争いをするのは難しい。選手を変えるのか?もしくは戦術を変えるのか?どちらかを考えないと正直リーグを狙うのは厳しい。

今日は工藤が良かった。やっぱりこの人上手い。運動量も今日に関しては申し分なかったし、攻守のアクセントになっていた。2トップ+羽生・山岸が前線に張りがちなので、その分中盤にスペースがあったのも工藤が働けた理由かもしれない。
逆に言えば、前線に4人が並んでしまい、バイタルに入っていく選手が誰もいないというのも相変わらずの問題。今日は勇人の飛び出しもあまり見られなかった。

青木は後半に入り、ドリブルで仕掛けてくるようになる。強引にドリドリ行くのだが、これが結構マリノスを混乱させていた。必然的にマリノスのラインは下がり、危険なゾーンにスペースが出来てくる。羽生も軽自動車のように前線から中盤を行き来するが、さすがにマリノスのディフェンスは厳しく、PA内ではシュートコースがなく決めきれない。

また、中島・坂本はパスミスが多く、勇人もあららっていう感じでミスるので、押し込んでいる時間帯でも、あっという間にピンチを迎えてしまうという展開。

ジェフは散々押し込んでボールを回すが、枠に強いシュートを飛ばすことができず、途中出場の田中隼に決められ(OG気味?)2点のビハインド。

その後も押し込みまくるが、結局最後のところでしっかり対応されたのか、はたまたチャレンジする勇気がなかったのか、可能性のあるシュートを打つことが出来ずリーグ最終戦を落としてしまった。


雑感

チームのやること、やるべきことで言うとジェフの方が明確で、それをピッチ上で表現したのもジェフの方だったと思う。しかし、負けたのはジェフだった。

1失点目。PA内でゴールに背を向けてボールを持っている坂田に何故か決められてしまう。あれを振り向かせてシュートを打たれ決められてしまうクラブはタイトル争いに参加する資格がない。

2失点目。何だったんだろう?良く分からなかったが、田中のシュートコースにジェフの選手が2人くらい入っていたように見えたが、何故か決められてしまう。阿部?にシュートが当たったのかな?

上にも書いた前半の阿部のシュート、後半左サイドからのクロスに巻が飛び込んだ場面、左サイドから青木がドリブルで切れ込みシュートを打ったシーンがジェフの得点臭のする攻撃だった。攻めている割には、得点の匂いは薄め。


でも、今日のジェフは決して悪くなかったですよ。来期に向けて好材料も多い試合に見えました。いや、根が楽観的な性格の人間なんで。

その辺は、オフ期間中にゆっくり書いて行きたいと思います。


2006年のリーグは終了。浦和はやっと優勝できましたね。まあ、色々思うところもありますが、素直に「おめでとうございます」と言わせていただきます。


アマルの服装
もちろん、ジャージですよ!!

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。