OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふわふわメルヘンのお花畑で【新潟戦】
なんか、試合前からふわふわのメルヘンチックなスタジアムの雰囲気。
試合が始まってもそれは変わらず、なんか地に足着かないまま前半が終わり、ふと我に返ることもままならず、試合終了のホイッスルが鳴ったという感じの試合だった。

試合終了直後はなんか釈然とせず、モヤモヤ感をどこにぶつけて良いのかわからぬまま家路に着いた。多分、今思えば口では色々言っていながらも、心のどこかでは勝てる試合と思っていたのだと思う。

でも、そもそも5連勝中も、東京V戦の前半、札幌戦、京都戦は内容も決してほめられたものでなかった。ホームではそこそこ出来ていたけど、結局、現在の自分たちのポジションは所詮このあたりのところなのだというのを改めて思い出したという意味では収穫の多い試合だったのではないか。

そう、周りのみんなが「ジェフ強ええ」とか「調子良い」とか言っているのは全て罠だ。人生は常にトラップだらけだ。そして、大概の日は「俺たちの日」ではない。
5連勝などするとうっかりその気になってしまうのだが、連勝中も攻撃面については出たとこ勝負でなんとか凌いで来ただけだしね。そもそも、ミラーさんのサッカーって攻撃は出たとこ勝負が信条だったりしてるし。

しかし、なんとか無失点で凌いだのは良かったが、しっかり守れていたのかと言うと、否と言わざるを得ない。攻撃は今期はもう仕方ないにしろ、守備が崩れると本当に落ちる。

本当に落ちる。

でも、あの内容で勝ち点1を拾えたっていうのは、本当に運がジェフを後押ししているんだなぁということを痛感します。「リーグで勝つレベルに達していない」どころか「引き分けるレベルにも到底達していない」状態だったのですから。

少なくとも私は、今節の引き分けは「たまたま調子が悪かったから」とか、「たまたま相手の対策が当たったから」と捕らえることはできません。これからのどの相手も対策してくるでしょうし、この試合のように運がこちらサイドにいつまでも付いてくれる訳はないので。下位チームの中ではジェフが一番勢いがあると思い込んでいましたが、そんな考えは捨てて、捨て身で念を送り続けないと本当にやばいということを痛感しました。むしろ浮ついている分、一番弱いかもしれない。

浮かれている場合でない。勘違いをしている場合ではない。
所詮は、本当に全員が力を出し合って全てをぶつけて、それではじめて勝てるチームでしかない。

WIN BY ALL
スポンサーサイト
なんとも言えない結果 神戸戦
危ない位置でFKを与えてしまった。相手の早いリスタート~ボールが立石の手に収まって、『助かった』と思ったらレフェリーからやり直しの指示。

おいおい、さっきまでと全然違うぞ!って感じで蹴る気満々の鈴木ノリオの前にジェフが壁を作る。さっきは壁もなかったのに。
「壁が飛んだら下抜かれて万事休すっぽい」って予感がしていたが、何のことはない、壁は飛ばずに、その上を綺麗にボールは超えてゴールネットに。立石はピクリとも動けず。

1-1に追いつかれてから、まだ数分試合時間はあった。
だが、ジェフの選手は明らかに気落ちしてり、一方の神戸はひっくり返す気満々。おいおい、どっちがホームチームなんだよ!って思わす声を上げてしまった。

ただ、ジェフが早いタイミングで得点をあげたので、攻める神戸・守るジェフという構図が明確になり、試合終盤、相手が前掛かってくる中でジェフはカウンターの脅威を与えられず、ただ蹴り返しのみに終始してしまったのでは、これは順当な結果だったともいえるし、逆転されなくて良かったとも言える。
松田監督のコメントが悔しい「ほとんど守備をする機会がチームとしてなくなったということで、非常に守備がうまい内山よりも、どちらかというとワイドミッドフィルダーでもいいという鈴木をあそこに入れることで~」
ここまでサンドバックになってしまっては、失点も必死といった感じだろう。

ミルコはだんだん良くなって来ているようだ。彼がFKを蹴るのは大きい。恐らく、ここ2ヶ月くらいの間、ジェフが得点できる可能性が高いのはセットプレーくらいだろうから。昨日も良いボールをいくつか蹴っていた。

もう贅沢は言わない。攻撃の連携ができてくるまではそれでも良い。
川崎F戦 2つのストレス

川崎F戦。寒空に負けない程、寒い内容の試合。
おかげ様でしっかり風邪を引いてしまった。

両チームとも今期リーグ戦では未勝利。特に前評判の高かったフロンターレとしては、絶対に勝ち星の欲しいし試合。それだけ相手には焦りがあったはずなのに、それを利用するどころか、逆に非常に簡単に試合を渡してしまった。

いきなりの失点。あっけなくボールを奪われ、キーパーの頭を超えるシュートがゴールに吸い込まれる。しばし呆然。さらに追い討ちをかける、米倉の2枚目イエローによる退場。前半終了間際の2失点目で虫の息に。

それでも、後半どこかで1点返せば、相手が崩れる可能性はあった。ここ数試合フロンターレはその穴に落ちている。
しかし、この日のジェフはあまりにお粗末だった。

ボールを奪ったかと思えば、ミスしてボールを返し、連携不足から攻撃を放棄し、やっとの思いでペナルティエリア付近まで攻め込んでも、何もできずにまた守備へと戻るハメになる。

その間、フロンターレの方はボールを貰う度に、危険な攻撃を繰り出して来て、ほとんどシュートまでたどり着く。ボールを渡してはシュートを打たれ、またボールを渡してはシュートを打たれ・・・それでも決めてくれないフロン太クンも、いけず~~~

それでも、危なげなく試合を終わらせることができたのだから、フロンターレサイドから見れば、本当に楽に勝たせてくれてありがとうと感謝状を郵送したくなるようなゲームだったのではないか。



◎2つのストレス

1つ目のストレス
この試合では、ジェフサイドから見ると非常にストレスのたまるジャッジが続いたのは間違いない。ただ、このジャッジが大きく試合の行方を左右したのか?というと、残念ながらそれは否定せざるを得ない。下馬評の通り、両チームの実力には大きな差があったのは間違いない。


2つ目のストレス
如何せん、攻撃に転じた際の怖さがジェフにはない。後半から出てきた外国人助っ人はどちらのチームを助っ人しているのか良く分からないし、総じて攻撃時には明らかに連携面で見劣りする。そもそもの攻撃時のコンセプトというか、やり方自体が無いようなので、選手個々もどう動いていいのか戸惑っているのが明らかに見て取れる。
報道によると、攻撃練習を始めたのはつい最近からということなので、これから連携面は強化されていくのだと期待したい。
が、当面、観戦していてストレスの溜まる試合が続くのだろう。多分6週間かかるw

試合後、松本が「あまり前にいくなとも言われていた」とインタビューに答えている。2008イヤーブックの中で坂本も同じようなことを答えていた。スタンドにいると、ジェフファン/サポーターは去年までのノリで松本に攻め上がりを促す声を上げる。多分、少なくともフクアリではその声は松本にも届いているだろう。
我々ファン/サポーターが2008年版ジェフに慣れるまで、ストレスの溜まる場面は続くのだろう。
もう、ジェフは去年までのジェフじゃないとうことを我々も学ぶ必要があるのかもしれない。
または、タイミングが来れば監督の言うような攻撃的なサッカーを展開するようになるのだろうか?

一方では、我々には若手選手の成長という確実な楽しみもある。

いずれにしろ、まだ我慢の時であるようだ。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。