OVERCOMING2
ただ突き進むのみ!信じれば必ず通じる
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監督交代という名のロマンス~2匹目のシャムスカ
セレッソ大阪の小林監督の解任、サンフレッチェ広島の
小野監督の引責辞任のニュースを受けて。

両人とも2005シーズンは、下馬評の低いチームを率い、
リーグを盛り上げた監督たちであり、監督という職業の
難しさを改めて知らされた今週でした。


監督交代=即効性を持ったチーム成績のアップ


これが、監督交代の目的だと思われます。
では、2005年と2004年のJ1リーグ監督交代劇と、その後
のクラブの戦績を見てみましょう。
ここでは、判りやすくするために、選手補強などは
全く考慮していません。
単純に、監督が変わったタイミングと、その後の
短期的な(5試合)の戦績をまとめてみました。


【2005年J1リーグ】

■V東京
 アルディレス(~17節)→バドン(19節~)
 △○○××


■名古屋
 ネルシーニョ(~24節)→中田仁司(25節~)
 ×○×××


■大分
 皇甫官(~21節)→シャムスカ(23節~)
 ○○△○○


■神戸
 松永秀機(~6節)→レオン(7節~12節)
 ××××△

 レオン(7節~12節)→パベル・ジェハーク(13節~)
 △××△×


【2004J1リーグ】

■清水
 アントニーニョ(~1st/15節)→石崎信弘(2nd/1節~)
 ×○×○×


■C大阪
 ムズロビッチ(~1st/3節)→ポボル(1st4節~1st/15節)
 ×△○××

 ポボル(1st4節~1st/15節)→小林信二(2nd/1節~)
 ○×××○


■柏
 池谷友良(~1st/15節)→早野宏史(2nd/1節~)
 ××△×△


■磐田
 桑原隆(~2nd/4節)→鈴木政一(2nd/5節~2nd/12節)
 △△○×△

 鈴木政一(2nd/5節~2nd/12節)→山本昌邦(2nd/13節~)
 ×××


■神戸
 ハシェック(~2nd/7節)→加藤寛(松山博明)(2nd/8節)
 ○○△×○


結論から言うと、監督を代えても、あんまり結果が出てない
んですよね~。シャムスカのケースは異例。
カンフル剤という面でも、さほど成果が出ているようには
見て取れない。
逆により混迷を極めるケースも散見されます。


クラブフロントも成績低迷とあれば、何もせずに静観している
訳にはいかないというのも理解はできます。
しかし、ある種フロントの「言い訳」的な監督解任は、
それこそまさに地獄の1丁目にようこそ!でないかな?

2匹目のシャムスカは、果たして出淵するのか?








勝負の世界はそんなに甘くないような気がする。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

4月1日のJリーグ
4月1日に観戦した試合をメモ書き程度に。

横浜FM 1-1 FC東京 @日産
スタジアムにて観戦

試合は一方的な横浜ペース。しかし試合結果は
1×1のドロー。横浜は決定的なチャンスで何遍も
シュートを外してしまったツケをロスタイム増嶋の
ゴールで払わされた形。
しかし、FC東京のマンツーマンマークは・・・
東京のDF登録のスタメン選手は4名だが、茂庭が大島に
ついて、マルケスに伊野波。清水に今野で、おまけに
サイドでもドゥトラに徳永が付くという徹底ぶり。
よって、フォーメーションはあってないようなもの。
ジェフもマンマークディフェンスだが、東京のそれは
もっとモダンでない。おまけにボールを奪取した後の
スピードが全く上がらないので、怖さも何もなくただ
再びボールを奪われるのを待つのみ。
ガーロって何者?原博美時代はモダンな攻撃サッカーを
標榜していた東京だけに、スタジアムでピッチ全体を
見るとそのギャップの大きさにびっくりしてしまった。


清水 2-3 G大阪 @日本平
NHK BS-1にてライブ観戦

こちらは昼の試合と打って変わって、攻守の切り替えの
早いスリリングな展開。清水の若い選手のイキが良く
好感が持てる。FC東京の試合を見た後だけに、清水の
美しいディフェンスラインがより際立って見える。
後半、清水の運動量が落ちて、最終的にはG大阪の助っ人
ブラジル人が試合を決めるに至ったが、なんともサッカーの
醍醐味が凝縮された試合であった。


ジェフ関連
4/2 川崎F戦、ハースの出場は厳しそうですね。
ハース欠場の場合は、いつもの巻1トップでしょうか。
G大阪の攻撃を見ていて、改めてペナルティエリア内で
ドリブルで突っかけていける選手の大きさを身に染みて
感じました。


おっと、今夜はクラシコじゃないですか~!
録画録画。でも、一体いつ見るんだろう?
ベンフィカ×バルサのCL 1st leg録画もまだ見ていない
のだが。。。

それはさて置き、4/2はWIN BY ALL!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

恒例のYahoo! エイプリルフール企画
毎年恒例のYahoo! Japanのエイプリルフール企画ですが、
今年もまたやってますねぇ。

W杯主審に上川氏=サッカー
2006年4月1日(土) 0時0分 時事通信



上川主審は、某カード会社のCFへの出演が決まったとか、
決まってないとかいう噂もあったり。

エイプリルフール=四月バカって思いっきり直訳。
小ネタでした。
第5節TV観戦メモ
第5節はTVで色々観戦できたので、メモ程度に感想を。

★サンフレッチェ広島×ガンバ大阪
Jsportsにて前半のみ観戦。
(前半終了後フクアリに出発してしまったので)

・遠藤のFKは凄かった
・前半を見る限りでは、広島のカウンターもかなり良かったような・・・


★名古屋グランパス×大分トリニータ
BS-iにて観戦
・グランパス試練の時か?連携イマイチでボール繋がらず
 フェルフォーセン戦術の浸透まではもう少しかかりそう


★FC東京×京都パープルサンガ
BS-1にて観戦
・FC東京、前半にもう1点でも取れていれば。
・ジャーン、2試合連続得点w
・林丈統出場機会なし。柱谷の采配は消極的か?
 (まあ、あくまで結果論ですが)
・後半最後の徳永のシュートにびっくり!


★横浜Fマリノス×浦和レッズ
TBSにて録画観戦
・前半は互角。
・浦和のタレント陣はやはり脅威。
・三都主がかなり調子上げているので相馬の出番は・・・。
・メディア的に美味しい、久保・小野はまだ調子上がらず。
・山田の1点目は、ラッキーにも見えるが、あそこにポジション
 取られてしまった栗原・・・。
・ワシントンのゴールは、その前からのFマリのミスが伏線に。
 ちょっとバタバタしていた時間帯。
・2点先行してからは、完全な浦和のゲーム。堅守&前線にタレント
 を備えるチームに、2点のビハインドはデカ過ぎる。2点先制されて
 から、マリノスはバランス崩していた。

浦和が一歩抜け出しはじめた第5節でした。
さて、浦和に今季初黒星を見舞うのはどのチームになるのでしょうか?
早いとこ止めないと・・・

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

川崎Fの茂原選手が・・・
情報が断片的なので、現時点では何とも言えないが
川崎フロンターレの茂原岳人選手が住居侵入で逮捕
されたとの報道が流れている。

なんでも、マンション4階の女性会社員宅に不審な
足跡が残っており、部屋から茂原容疑者の指紋が
検出されたとのこと。

良くわからないのが、普通の日本人って警察の
データベースに指紋とか入ってないよね。
指紋データがあるのは、前科のある人?
茂原容疑者には前科などない(ですよね?)と
すると、ちょっと腑に落ちない。
近隣で不審な行動でも取っており、目をつけられて
いたのか?確証の高い目撃証言でもあったのか?

しかし、Jリーガーの逮捕って結構多いですね。
千葉の某選手にもそんな事件がありましたけど。
日本のサッカー界の頂点であるJリーグ。
サッカープレーヤーのうち、ほんのごく一握り
だけに与えられるプロという栄誉。
しかし、その一見華やかに見えるJの世界も
現実的にはまだまだ寂しいものなのかもしれませんね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。